星屑きらら(2代目)のわくわくランド

初代きらら、ここに眠る

オタク伝きらら 最終章 前編

今回も長いので前後にわけて更新

前作から2ヶ月以上の時を経て発表された2005年1月に誕生した作品である。
ewfewfwefew1.jpg

前作のおさらいが流れ、きららが地球を破壊したあらすじの後
ewfewfwefew2.jpg

一連の流れが全て妄想だったと発覚する。
ewfewfwefew3.jpg

妄想の世界に旅立ったきららは精神病患者として捕らえられていたが
きららの出演したしゃべり場をみた有志達は組織を結成し、戦っていた。
ewfewfwefew4.jpg

助けに来たものの、きららは完全に狂っていた。
ewfewfwefew5.jpg
ewfewfwefew6.jpg

きららが狂っていてどうしようもない上に、見つかってしまう。
ewfewfwefew7.jpg
ewfewfwefew8.jpg

きららを妄信する有志
ewfewfwefew9.jpg

目覚めを求めるがきららには届かない
ewfewfwefew10.jpg

もちろん下の選択肢はゲームーオーバーである。
ewfewfwefew11.jpg

マール王国とあっちゃだまってられん突如正気に戻るきらら。
ewfewfwefew12.jpg

助けを求める声に応えるべく
ewfewfwefew13.jpg

監視員と戦う。
ewfewfwefew14.jpg

今回は最初から召喚が全て使えるが
MPが足りないため、必然的に雅ちゃんしか最初は使えない。
ewfewfwefew15.jpg

最初の敵なので弱い
ewfewfwefew16.jpg

落ち着いた辺りで詳しい事情を聞くことに
ewfewfwefew17.jpg

きららの出演したしゃべり場放映以降、よりいっそうオタク批判が高まってしまった日本。
しかし、感動したオタクも数多く、きららを救い出し、今一度聖戦をしようとしていた。
ewfewfwefew18.jpg

そしてきららはローゼンクイーン商会へ・・・



と、ここまでがオープニングなのである。
ゲーム的にはオーソドックスなレベル上げのある内容。
純正きらら伝は6作品あるが、これが一番のお気に入りである。

ストーリー 戦闘 ストーリー でようやく本編というのは
めぐるでもやった手法である。
短い時間でどんな雰囲気のゲームかを伝えるには効果的だと個人的には思っている。

ローゼンクイーン商会で演説するきらら
ewfewfwefew19.jpg

主なゲームの流れとしては単純にテレビ局を制圧し、政治的拠点で真実を伝えようというだけである。
ewfewfwefew20.jpg

きららの発言は全て素晴らしいものに聞こえる信者達。ある種の皮肉的場面として作ってある。
ewfewfwefew21.jpg

今回はフルPT製になり、きらら伝3以上にPTメンバーとのやり取りが増える。
ewfewfwefew22.jpg

まずはその仲間を集めるのが目的。
他には会話によって発生するイベントもある。
ewfewfwefew23.jpg

今回のフィールドはさんまの名探偵方式を採用。
ewfewfwefew24.jpg

近くのソフマップでは国によってアニメゲームの規正がとんでもない事になってる事などがわかる。
またここでは仲間にするために必要な召喚媒体が手に入る。
ewfewfwefew25.jpg

今回は殺っちゃん、みくらちゃん、小麦ちゃん、皆きらら伝3からの出陣である。
ewfewfwefew26.jpg

きららの家で買ったゲームソフトを使うと召喚され、仲間になる。
ewfewfwefew27.jpg

ewfewfwefew28.jpg

ewfewfwefew29.jpg

今回のステータス
ewfewfwefew30.jpg

オーソドックス
ewfewfwefew31.jpg

まずはおなじみ闘技場へ
ewfewfwefew32.jpg

初級
ewfewfwefew33.jpg

中級
ewfewfwefew34.jpg

上級
ewfewfwefew35.jpg

倒して手に入るお金は想像通りである。

ローゼンクイーン商会ではきららゲーの重要アイテムが売ってるので
全員これを装備させるのが最終状態である。
ewfewfwefew36.jpg

闘技場で少し稼いだ後は、オタク狩りが盛んなセガゲーセンへ。
これは無視しても本編はクリアできるのだが、レベル上げも兼ねてクリアを目指す。
ewfewfwefew37.jpg

この時点できらら伝フリークは「あれか」と気付くだろう。
ewfewfwefew38.jpg

セガゲーセンではこういったオタク狩りとの小イベントがちりばめられている
ewfewfwefew39.jpg

マシンロボ クロノスの大逆襲の「ロム兄さん」っぽく語り
ewfewfwefew40.jpg

ewfewfwefew41.jpg

まんまの展開の後
ewfewfwefew42.jpg

「生涯現役だもんで」と戦う。
ewfewfwefew43.jpg

序盤は殺っちゃんのロケランがかなり強い。
ewfewfwefew44.jpg

またセガゲーセンでは雑魚とエンカウントする。
みつき伝のワックにくる客である。
ewfewfwefew45.jpg

調べると必ず反応があるきららゲーの極地はこのゲーセンであるといって過言ではない。
ewfewfwefew46.jpg

セガゲーセンをクリアするには最低でもエンジェル隊を召喚できようにならないと難しい。
ewfewfwefew47.jpg

それなりに強化をし、最上階へ。
最上階にはこのゲーセンを荒らしているヤクザ屋さんの親分がいる。
ewfewfwefew48.jpg

ヤクザ屋さんはゴキブリのようなオタクを駆除し、その報酬として
お金を貰ってるだけに過ぎないと言い放つ。
ewfewfwefew49.jpg

雑魚連戦へ
ewfewfwefew50.jpg

これもワックにくる客である。
ewfewfwefew51.jpg

追い詰められる親分
ewfewfwefew52.jpg

唐突に出る「スーパーオタク人」の単語。
気になって夜もぐっすり眠れる単語である。
ewfewfwefew53.jpg

そして親分との決闘。
もちろん、ワックの客である。
ewfewfwefew54.jpg

親分は正直、かなり強い
ewfewfwefew55.jpg

作者なのに、5,6回ゲームオーバーになってしまった。
ewfewfwefew56.jpg

というのも、渾身の召喚が外れるんだよね。
MP全部開放してぶっぱなすバランスのきららゲーにおいて
これは非常にストレスになった。

この経験が後に「攻撃基本的に全てあたる」という仕様として
ゲーム作りが変わっていったのである。
100%逃げられるとかもそうだね。
みつきが一番判り易いかな、そこら辺の意識は。

ともあれなんとか倒す。
ewfewfwefew57.jpg

きららは理不尽なヤクザ屋さんの行動に疑問を持ち、問いただす。
ewfewfwefew58.jpg

ヤクザ屋さんは国に半ば脅されオタク狩りをしていたのだった。
ewfewfwefew59.jpg

政府が何かを企んでいるようだが、その理由まではわからないきらら。
ewfewfwefew60.jpg

セガゲーセンに平和をもたらしたので入り口にいた子供からいい事を聞く。
ewfewfwefew61.jpg

正真正銘、伝説の「お金の壷」である。
ewfewfwefew62.jpg

余談ではあるが、エミリアのシェアゲーにこれが引き継がれてるのは
びっくりしたもんだ。

ゲーセンイベントをクリアし、そこそこ強くなったので本編を進める。
ewfewfwefew63.jpg

きららの仲間である殺っちゃん達の力強さに感動する信者達
ewfewfwefew64.jpg

そしていよいよ聖戦への火蓋が切って落とされる。
ewfewfwefew65.jpg

テレビ局に乗り込む事に。
ewfewfwefew66.jpg


後編へ続く。


まとめ
うーん、台詞まわしが面白いかな、今やっても。
展開もきらら特有の王道感。
あえて言うなら「きらら王道」


まーた闘技場に回復施設がないというミス犯してるんだなこれが。
召喚もツクールのバトルアニメでしか表現できない技術不足など、まだまだ未熟面が多い。
コモンで呼び出してピクチャでアニメさせてとか思いつくのは
数年後の話であった・・・
なんせこの時点で「変数」がまるっきりわかってないからね。

まあ、いまでもよくわかってないんだけどね。


次回 オタク伝きらら 最終章 後編
  1. 2013/03/13(水) 17:32:06|
  2. オタク伝きらら 最終章 前編

Live Video streaming by Ustream