星屑きらら(2代目)のわくわくランド

初代きらら、ここに眠る

次のページ

マイク

今日は店でお弁当手売り販売をする。
なぜかきららが担当。

マイクパフォーマンスをしつつ売ったが
結果は完売

よく売ったなー!とか(売れ行き悪くて誰しもお昼ご飯に購入させられると恐怖していた)
隠れた才能だと周りに褒められる。

配信やってた効果か、人間どこで何が役に立つかわからないな。
パートオバチャンに「あら、いい声がきたわ!」とか言われると悪い気はしない。

意外と直接販売は楽しい。
相手にどうやって物を買わせるか、これもある意味ゲーム。
どうすれば相手がその気になるか、楽しくなってついつい乗せられて買ってしまうか
そういう言葉選びもシナリオで楽しい展開へ導く重要な要素だな。
いや、適当だが。


拍手返信
まあ、ゲーム製作以外でもゲームの話をするのは
まだカテゴライズしてないしな。
キャラデザし始めたらカテゴライズで発表&紹介ってとこだわ。
  1. 2013/03/31(日) 20:04:20|
  2. 製作以外の話
次のページ

登場人物

登場人物

出席番号1  赤白   きいろ (あかしろ  きいろ)
出席番号2  赤白   みどり (あかしろ  みどり)
出席番号3  石神   乃亜  (いしがみ  のあ)
出席番号4  鬼島   美優  (おにじま  みゆう) 
出席番号5  鳳     らいち  (おおとり  らいち)
出席番号6  架神   悠   (かがみ   ゆう)
出席番号7  柏木   鏡華  (かしわぎ  きょうか)
出席番号8  木見ヶ崎 桃子   (きみがさき ももこ)
出席番号9  草薙   刹那  (くさなぎ  せつな)
出席番号10 今生   ゆうき (こんじょう ゆうき)
出席番号11 式    香凛  (しき    かりん)
出席番号12 瀬山   鈴音  (せやま   すずね)
出席番号13 並河   瑠鋳  (なみかわ  るい)
出席番号14 西野原  柚樹  (にしのはら ゆずき)
出席番号15 羽本   莉紗  (はねもと  りさ)
出席番号16 星空   きらり (ほしぞら  きらり)
出席番号17 八島   巴   (はちじま  ともえ)
出席番号18 矢野   ありさ (やの    ありさ)
出席番号19 雷堂   亜依  (らいどう  あい) 
出席番号20 和光院  雫   (わこういん しずく)


まあ予定だけどね。
きららのキャパ超えるようだったら
人数はぐっと減ってきららの得意な少人数回しにするんだが
今までとは違うアプローチという意味じゃ、大人数操作ゲーだなぁやっぱ
  1. 2013/03/30(土) 20:46:28|
  2. 製作以外の話
次のページ

新作の概要

たぶんこれで走るんじゃねーかなぁ

ふぁんとむ、精子を経てたどり着いた結論。
3度目の正直ということで、たぶんこれでいく。

エミリア先生にもそれはおもしろげだなというお言葉も頂戴したし。
まあちゃんとカテゴライズしてから詳しく書こうとは思うが
大雑把に言うとサバイバルRPGみたいな感じでな

登場人物20人くらい居るんだが
3人を自由に組んで閉鎖された空間で脱出する為に戦っていくという感じだわ。
きららゲーは基本敗北エロだから、エロ関係は想像しやすいと思う。

だがこうして書いている合間にも、こうしたほうがいい、ああしたほうがいいと
色々浮かんできてしまい、まとめるのには少し時間がかかりそうだな・・・

ちょっとこのアイディアは慎重に進めて行きたい。
続報を待て!
  1. 2013/03/29(金) 20:29:59|
  2. 製作以外の話
次のページ

自分用のアイディア垂れ流しまとめメモ

なので読む価値は無い。

本当は物漁ってたら出てきた昔のきらら宛ての年賀状でもupるかと思ったが
そこまで面白い物もなかったしな。

せいぜい女の子からも手書きのメッセージのとかあったりして
あら、きららもててたのね、とか思って昔を思い出ししんみりするくらいだし。
幼稚園の先生からの年賀状とか、なんかもう眩しいわ。

ますだ先生、幼稚園の時に一緒にお風呂入った時の
先生のまんげボーボーな姿を今でも覚えてます。
今思えば先生も20代前半くらいの若い女性でしたね。
先生の生徒は今も立派にこうしてクズとして生きてます。

あとは学校の時の人ととかは
「今年も笑わせてくれ!」とかそういうのが多いな。
君達の年賀に込められた怨念のせいで今もきららは立派に人に笑われてるよ、糞が。

あとは「ああ、明らかにとりあえず出しましたね」的な年賀状ね。
きららはそれが嫌いでねぇ、見るのも書くのも。
だからきららは年賀状1枚1枚、手書きで面白要素をつけてたな。
とはいえ、子供やること。例えば年賀はがきに迷路つけたりとか、○○を探せとか
なんかそういう寒い事だけどさ。

もっとも、10年以上年賀状も0だし、出したのも0だがね。
ああ、エミリアとDLsiteには貰ったか。


ゲームメモしようとおもったが
だらだら考えなく書いていると長くなったのでまたの機会に。
  1. 2013/03/28(木) 17:15:05|
  2. 製作以外の話
次のページ

正義はなくても、世界はまわるぜ

ついにアイディアが光臨した・・・

きらららしく、きららでない。
新しい風が・・・
  1. 2013/03/27(水) 21:41:04|
  2. 製作以外の話
次のページ

神は留守だよ、休暇を取ってベガスへ行っている

新キャラのビジョンが見えてきたが
なんかものすごい何かと被ってそうだな・・・
もうちょい整ってからのお披露目で。


最近はやたらと体が疲れやすくなっている。
これが年ってやつか・・・

えらい早寝早起きになってる気がする。完全に老人じゃねーか。
はやいとこ作り出さないと、体が腐ってしまう・・・

頑張れきららの脳細胞
面白い構想を思いつくのだ!!!!!!!!!!


頭に浮かんだかっこいい武器
「ギルティブレイカー」

・人の業を切る事が出来る(殺傷力がある刃物ではない)
・使い手の業は断罪できない。
・世界に3本しかない

まあどういう用途で使うとか、背景・ストーリー何もないわけだが。
多くの人もそうだろうけど、使う使わないは別にアイディアは
がんがんメモしないとな。100思いつくアイディアの内、使えるのは1個かもしれないけど
その1個に繋がったのなら残りの99個は決して無駄ではない。
  1. 2013/03/26(火) 20:04:29|
  2. 製作以外の話
次のページ

絵心教室をやるの巻

DS版のがたまたまブックオフにあったので買ってみた。
興味あったしね。
デッサンのデの字もないきららにはちょうどいいかなと思ってもいたし。

これ凄いね、上手くなるならないは別に
解説どおりやっていくだけでそれっぽくなって
「あれ?結構いけてんじゃね?」って思えるし、なかなかの絵が仕上がる。

色の解説がきららにはありがたかったな。
これで遊び感覚でやってくと、案外本当に上達するかもしれんなぁと思った今日この頃。

なんか5時間ぐらいぶっ通してやってたわ。
いわゆる「まんが絵」とかを描く!ってわけじゃないから
そういうの狙いの人は違う感あるだろうけど
絵がまったくかけねぇって人は意外と自分かけるんじゃね?とかって思って
楽しくなりそうないいソフトだと思った。

色々お題もあったりするんだがきらら「犬」だけはまったくヘンテコな生き物になったな・・・
いや疲れが出てきてたせいもあるはずだが!!

気軽にupできないのが残念だ。
きらら基本アナログで下書きするんだけど
意外とDSで「っぽく」描いてる感があるのは凄いなと思った。

3DSのだと人物デッサンの項目もあるみたいだし
それもやってみたいとこだなぁ
  1. 2013/03/25(月) 21:46:01|
  2. 製作以外の話
次のページ

ポーンオススメの謎の漫画

スピリットサークルを読んでみた。

存在すらしらない漫画を読むのは未知の領域でどんなのでわくわくするものだ。
読んでみるとなるほどねぇ、という感想しかでないが(ストーリー物なので)
続きを見てみたく内容だわな。
かなり濃厚な線が絡み合ってるのが見えるあたり、設定厨のきららとしても気になる。
騎士編はなかなか良かった。

知らない作品が多いということは
それだけきららのアンテナが腐ってきてるんだなぁという実感もある。
まともに漫画買ったのはみつどもえが一番新しいくらいか。
ストーリー漫画にいたってはゾンビ屋れい子が最後か・・・?

やっぱ色々見てみるってのは刺激になるからいいなぁと思う反面
影響されてしまうってのが怖くもある。
いや影響されてヒントになることは多いんだけど
あまりにも衝撃が強いとかなりその亡霊が自分の作品にまとわりついてしまうからね。
小学生とかが書く漫画とかキャラクターなんかがいい例かもしれん。

かくいうきららもそんな時期あったし。
今でもきららがアニゲにおける90年代の亡霊にとりつかれてる様にね、作風として。
まあ90年代におけるアニゲってのはきららが体感した年齢もそうだが
確実に歴史を変えた流れがあったと思ってるし、その時代をリアルに生きた以上
しょうがねぇ・・・という気持ちもある。昔は良かった・・・という懐古じゃなく
実際に明らかに「変わった」と断言しよう。

そんなわけできららのオススメ
これは死ぬ前に読んでおきなさい漫画ベスト3

第1位
おろち

天才・楳図かずおの天才的超傑作漫画である。
楳図かずおといえば漂流教室などが有名だが、ある意味それを挙げるのはにわかってなもんで(いや名作だが)
もう「おろち」の凄さは言葉にできないのである。

そしてベスト3といいつつ
いやおろちしかねーわって事で。ベスト1で終わろう。

かなり近い場所にベスト2としては「火の鳥 鳳凰編」もいるが
やはり、おろちだな・・・
  1. 2013/03/24(日) 21:36:55|
  2. 製作以外の話
次のページ

塗り

aaabfgbfgbgf.png


エミリア版
bfgbfgbgfaaaaa.png


こうして比べるとやっぱきららの原色バリバリ系ってのは
お日様の匂いがしないね。エミリアの方はお日様の匂いがする。

色取りのセンスっつーやつか。
もうちょっとお日様の匂いがする色を選んでいく必要があるな。


今日はのんびりと過ごす。
空灰を読んでみた。

大好き虫のタダシ君だっけか、あれが流行ってた時はそう思ってなかったが
思いのほか女の子を可愛くかくな・・・この人。
鬼ヶ原樹里子なんて、きらら的にもかなりいい感じのキャラだ。

お話は事前知識でどういう感じのがあるかは知ってたけど
胸糞悪い話は胸糞悪いけど、金魚の奴だったか
人がどんな表情をしてるのだろうかみたいな話はいいね。なんか言ってる事はいみわかんねーだけど
感覚ですげーわかるわそれ、って共感があった。

なんとなくだけど、この作者は女の人の気がしなくもないなぁ
的外れかもしれんけど。なんとなくね。


以下どうでもいい話
でねーぞ!!クソ設定で粘りすぎてしまった。
rwfreferferf.jpg


  1. 2013/03/23(土) 21:07:49|
  2. 製作以外の話
次のページ

誕生日祝い

今日は少し送れてのきららの誕生日祝いでポーンがきららを飲みに誘ってくれた

御馴染みポーンはこちら
http://stst.cocot.jp/
きららの尊敬するクリエイターの一人だわな。

ポーンとみつき~めぐるまでにきららの技術面をサポートしたsaiと三人で渋谷へ。

誕生日プレゼントを貰う

ポーンからはきららが好きそうだからという事で空灰の単行本。
きらら読んでみたかったし、なかなかのフィーリング。もう一個はスピリットサークルという
ポーンオススメの漫画みたいだ。どういう内容だろうか、後でじっくり読んでみよう。
130323_0027~01

saiからはもっと服とかかわいいのかけよという意味を込められ
資料集的な本を頂戴する

きららキャラの服のセンスが悪いのは万国共通の思いらしい。
きらら、頑張ってかわいい服描くよ!
130323_0026~01

きららもお返しにポーンには
超スペシャル限定ディスクをプレゼント
中身はきらら伝1~めぐる伝まで なんとサイン付きのこの世にたった一つの代物。

saiにはゴンスケのシークレットフィギュアと魔太郎が来る!の漫画を。
saiは気付いてなかったかもしれんが、ゴンスケは3人娘、魔太郎はめぐるにと
どっちもパロ淫魔として登場してるから「適当」に選んだわけじゃないぜ?


そしてこれはお宝だな

grgtrgrgrtgr_20130323004148.png

きららのリクエストでポーンは直筆生「チェルシー」を。
絶対的人狼の登場人物である。

saiは気に入っているまいかを。

きららはsaiがまいかを描いたのでかなえを。

この豪華直筆落書きは、とても貴重な一品だ!!!



酒も良い感じに入る盛り上がり
フリーゲームの話題や、一部部分ながらも活躍しているフリーゲーム作者の話題
フリーゲームのレビューの話やシェアゲーやフリゲの内情的討論など

どれも非常に濃い話題で楽しい時間はすぎていく。


ああ、本当に楽しかった・・・


今日の名言
ポーン「たまに何で私を監視しているんですかって?メールくる」
ポーン「きらら話し方上手いね」
  1. 2013/03/22(金) 00:33:43|
  2. 製作以外の話
次のページ

塗りの練習素材

bfgbfgbgf.png

なんかイマイチだけど、まあいい。メインは塗りだ。


拍手返信
トップ絵のまいかってどれのことだ、メリーうんこの奴かな。
まいかは元々元気っこだからね。
今も元気だけど。

明日はちょっとしたイベントがある日。
何かは・・・明日の更新を待て!
  1. 2013/03/21(木) 23:00:54|
  2. 製作以外の話
次のページ

まいか伝

駄目きらら伝を作った以降のきららはスランプに陥っていた。

星屑きららというキャラクターの限界も感じ、
新たな看板キャラを作ることを決意。

それが「まいか」であった。

最初期のまいか
maikaefiohfweoihfeoihfwe.jpg

その後変化し
hghghg.png

まいかが主人公となり「二次元召喚伝きらら」という作品も作ろうとしたが頓挫

その後まいかだけは変化し続け
魔法少女路線になったりしていく
P101yjtyjtryktykty0081.png

まいかを看板娘とし、ブログは日々更新されていった。
yjtykuylilul;ui;

そしてまいかの後に「姉のかなえ」などが生まれだし「まいか伝」が作られだす
rgegrerg.png

めぐる伝、三人娘の基礎となっている歴史的に重要なゲームである
feiwheo9ewhofhw1.jpg

あかりも居るし、三人の性格は既にここで定まっている。
feiwheo9ewhofhw2.jpg

かなえやあかりは結構そのまんまだが。まいかだけは「若干頭がいい」かな
feiwheo9ewhofhw3.jpg

「結界」という単語など、めぐる伝をプレイした人にはおやおやおやこれって?と思うことだろう。
feiwheo9ewhofhw4.jpg

この画像でわかるとおり、初期あかりは「一条みさき」という名前で
その上別に金持ちでもない。まいかの友達、という点は一緒だが。
feiwheo9ewhofhw5.jpg

基本的には「きらら伝」の世界で作られているため、あくまでも「召喚」が技となっている。
feiwheo9ewhofhw6.jpg

敵も「召喚獣」という種族であり、どことなく「淫魔」に通じる部分が既に出来上がっている。
feiwheo9ewhofhw7.jpg

あかりの大好きな不思議な塔はめぐる伝の冒頭でも御馴染みの展開。
feiwheo9ewhofhw8.jpg

この「まいか伝」ではきらら伝に影響され、世界を粛清するんだ!と勘違いして立ち上がった人々が
敵であり、その状況に困ったきららが三人に助けを求めたというストーリーである。
feiwheo9ewhofhw10.jpg

feiwheo9ewhofhw11.jpg

戦闘ではまいかの能力は「自分で描いた漫画のキャラクターを召喚」といものであり
のちの「まいか漫画かいてるんだぁ」に引き継がれる。
feiwheo9ewhofhw12.jpg

かなえの召喚はお気に入りの人形で、これもまたシリーズに引き継がれている
feiwheo9ewhofhw9.jpg

戦闘終了後、まいかの知能が明らかに高いことがわかる。「あははー」とか言わない・
feiwheo9ewhofhw13.jpg

他にはみつきシリーズから実装されている人物辞典や
feiwheo9ewhofhw14.jpg

用語辞典
feiwheo9ewhofhw15.jpg

イベントチェック(解除率に相当する)ものがあり、本当にみつきの基礎となった作品である。
feiwheo9ewhofhw17.jpg

もちろん世田谷が舞台。
feiwheo9ewhofhw18.jpg

世田谷仮面も最初はこういう役割だった
feiwheo9ewhofhw19.jpg

めぐる伝でのかなえが人形を欲しがるエピソードも、既にここであった
feiwheo9ewhofhw20.jpg

feiwheo9ewhofhw21.jpg

ステータスはこんな感じ。
feiwheo9ewhofhw22.jpg

一応まいかが軸の物語だが、同時にあかりの成長の物語でもあった。

シリーズフリークの方には、かなえのイベントと不気味な女でピンとくるだろう。
feiwheo9ewhofhw23.jpg


裸男が出現していた公園である(この作品には存在しないが)
feiwheo9ewhofhw24.jpg

めぐる伝におけるかなえの個別ストーリーは、この辞典で基本的に完成していた。
feiwheo9ewhofhw25.jpg

みつきシリーズにおける「オーラ」の概念なども、ここで生まれている。
feiwheo9ewhofhw26.jpg

めぐる伝同様、ぬいぐるみは怖され
feiwheo9ewhofhw27.jpg

かなえはブチギレて新しい召喚を得るという展開
feiwheo9ewhofhw28.jpg

feiwheo9ewhofhw29.jpg

個別シナリオがそれぞれ5個あり、それを解除していくという展開だった。
feiwheo9ewhofhw30.jpg

ちなみに最後にはかなえの為にあかりとまいかが手作りのぬいぐるみをプレゼントするという展開だったが
ゲームとしてはここまでしか作られていない。

つまり、未完である。


この後きららは何も作り出せない病を経て、精神的に死に掛けるも
泣きながら立ち上がり自分の今までの作品の経験を全てぶちこんだ「みつき伝」を作り出した。

そして「まいか」をあの時生み出した3人の子たちをもう一度活躍させたいという気持ちが
「三人娘伝」に繋がり(当初三人娘伝の予定はなかった)

最終的に失われたエピソードを保管しつつ「めぐる伝」が生まれた。


他の人からみればたわいの無い話ではあるが
きららは数年の時を経て
きらら伝から始まり、何年もの歳月がかかりながらも「まいか伝」にたどりつき
そして「みつき伝」が生まれ「めぐる伝」までに繋がったことに、感謝したい。
特にみつきからは多くの人の協力もあったしね。
この三作品は本当にきららの夢が詰まっていると思う。

思い返すと涙が出るくらいには思い入れもある。

だからこそ、だからこそ思い出にすがらないで
新しい物をつくろうともおもった。

きらら伝からめぐる伝までの9年を大事に胸にしまい。
きららはまた歩き出す。
  1. 2013/03/20(水) 23:38:03|
  2. まいか伝
次のページ

駄目人間伝きらら 後編

さて、塔に突入する前に重要アイテムをそろえておこう。
fewfwefw1.jpg

fewfwefw2.jpg

その後改めて塔へ
fewfwefw3.jpg

すんなり通れるわけは無く、戦闘へ。もちろんワックの客である。
fewfwefw4.jpg

ぐふっ!とかさみーなおい、きららがこんな寒いテキストかくかー?
fewfwefw5.jpg

と思ってたらちゃんと突っ込んでくれてた、さすがなぁ当時のきらら。
fewfwefw6.jpg

いよいよラストダンジョンである
fewfwefw7.jpg

公務員田中がこの塔にあるトラップは回避できまいと挑発してくる。
fewfwefw8.jpg

2Fへ
fewfwefw9.jpg

無くてもいちおークリアは出来るんだけどね。だるいだけで。
fewfwefw10.jpg


fewfwefw11.jpg

さくっと次の階へ
fewfwefw12.jpg

ここも事前に買っておいたアイテムで・・・
fewfwefw13.jpg

fewfwefw14.jpg

一発正解告知
fewfwefw15.jpg

先へ進む
fewfwefw16.jpg

追い詰められた公務員田中
fewfwefw17.jpg

アメ軍を投下する
fewfwefw18.jpg

もちろんワックの客である。余談ではあるがみつきシリーズにおいて
出演の多い謎のキャラ「マイク・タイツン」はここが初出である。出世したもんだ。
fewfwefw19.jpg

やべぇ、つえー。
fewfwefw20.jpg

なんとか撃破。
fewfwefw21.jpg

日本で発動したはずの駄目人間計画に関わるアメリカに不信感を抱くきらら。
fewfwefw22.jpg

そして最上階へ・・・



そこには忌むべき店長が立っていた
fewfwefw23.jpg

高をくくっていたのに出現するきららにおびえる店長。
fewfwefw24.jpg

店長はきららを引き渡し、公務員の座を手に入れていた。
fewfwefw25.jpg

小物悪役のように内情をべらべらしゃべりだす店長
fewfwefw26.jpg


fewfwefw27.jpg

駄目人間街計画は全世界で発動していたのだった。
fewfwefw28.jpg

fewfwefw29.jpg

店長の告白を遮断する謎の声
fewfwefw30.jpg

店長は断末魔と共に消え、目の前には夢の声と同じ声の人物が
fewfwefw31.jpg

駄目人間街計画の黒幕は神であった。
故に、誰も逆らえず、唐突に全人類が同じ計画を発動させたのである。
fewfwefw32.jpg


fewfwefw33.jpg

fewfwefw34.jpg

fewfwefw35.jpg

耳が痛い言葉だな
fewfwefw36.jpg

しかしきららは反論する
fewfwefw37.jpg

神、正論だなぁ・・・
fewfwefw38.jpg

そしてきららは、言ってはいけない事を思わず叫んでしまう。
fewfwefw39.jpg

fewfwefw40.jpg

fewfwefw41.jpg

神、ほんとあんたが正しい
fewfwefw42.jpg

そしてきららは反論できなくなり、自分の人生を思い返す
fewfwefw44.jpg

fewfwefw45.jpg
fewfwefw46.jpg
fewfwefw47.jpg
fewfwefw48.jpg
fewfwefw49.jpg
fewfwefw50.jpg
fewfwefw51.jpg
fewfwefw52.jpg
fewfwefw53.jpg
fewfwefw54.jpg

自分という生き方を思い出し、活力を取り戻すきらら
fewfwefw55.jpg

fewfwefw56.jpg
fewfwefw57.jpg
fewfwefw58.jpg

神に病院いけといわれても余裕で言い返すほどに復帰
fewfwefw59.jpg

最終決戦へ
fewfwefw60.jpg

fewfwefw61.jpg

fewfwefw62.jpg

fewfwefw63.jpg

fewfwefw64.jpg

fewfwefw65.jpgfewfwefw66.jpg

ラスボス中のラスボスだけあってべらぼうに強く
パソコン チップスター 小麦ちゃん セイバーのローテーションで
1手ミスると負けてしまう
fewfwefw67.jpg

fewfwefw68.jpg

ダメージを与えていくと・・・
fewfwefw69.jpg

fewfwefw70.jpg

fewfwefw71.jpg

全回復をしてしまう神
fewfwefw72.jpg

fewfwefw73.jpg

fewfwefw74.jpg

ラスボス戦で一盛り上がり入れるのはみつきシリーズ全てに引き継がれてるなぁ
こういう演出がすきなのかきらら。



諦めかけたきららに謎の励ましの声が届く
fewfwefw75.jpg

みんな大好きベジータである。
fewfwefw76.jpg

ベジータに励まされたきららは最終召喚が使えるようになる
fewfwefw77.jpg

fewfwefw78.jpg

うーん、妙に説得力があるな。素晴らしいキャラだよ、星屑きらら
fewfwefw79.jpg

そしてきららは最終召喚を発動
fewfwefw80.jpg

ちょいちょい出てくるマザー2要素
fewfwefw81.jpg

fewfwefw82.jpg

パワーパフバンドのBGMを背に関係あるのもないのも全部ひっくるめて
様々な二次元キャラが神にダメージを与えていく
fewfwefw83.jpg

そして神は消えた。
fewfwefw84.jpg

fewfwefw85.jpg

お前が神を超える力を持つ神などという戯言は認めない!という神に対しきららは言う
fewfwefw86.jpg

認められなくてもクズといわれようと、後悔はしないと。
fewfwefw87.jpg

きららの言葉に心を動かされた神は、駄目人間街を解放することに
fewfwefw88.jpg
fewfwefw89.jpg

そしてきららもついに大地を踏む
fewfwefw90.jpg

その後謎のポエムが始まり(寒いのでカット)
fewfwefw91.jpg

わりとあっさりと終わる
fewfwefw92.jpg



まとめ

正直これ面白いと思うわ。
比較的万人向けだし。熱いわ、展開とか。
うーんこれは確かに名作だなぁ

みつきシリーズで馴染み深いエミリアが当時の駄目きらをやった時の
感想記事があるので併せて記しておこう
http://ctrly.blog14.fc2.com/blog-entry-258.html



  1. 2013/03/19(火) 15:29:27|
  2. 駄目人間伝きらら 後編
次のページ

駄目人間伝きらら 前編

現存する最後のきらら伝
yrtyrtyryr1.jpg

前作から1年以上の間をあけ2006年8月発表作品である。


きららも24歳になってしまってる
yrtyrtyryr2.jpg

冒頭からスロに負けてるきららから始まる衝撃の駄目っぷり
yrtyrtyryr3.jpg

自殺、自殺なのか!?
yrtyrtyryr4.jpg

いいえ、八つ当たりです。
yrtyrtyryr5.jpg

今回も使える召喚は最初から開放されている。
yrtyrtyryr6.jpg

とりあえずブロッサムで撃破
yrtyrtyryr7.jpg

当然のように店員に捕まり
yrtyrtyryr8.jpg

事務所へ
yrtyrtyryr9.jpg

調書できららの名前を知った店長はお尋ね駄目人間のきららに喜ぶ
yrtyrtyryr10.jpg

ヨイショしだす店長
yrtyrtyryr11.jpg

まんまと乗るバカ
yrtyrtyryr12.jpg

信者を装いきららに取り入る店長
yrtyrtyryr13.jpg

調子に乗るバカ
yrtyrtyryr14.jpg

言われるがままに行動し
yrtyrtyryr15.jpg

きららは後頭部をおもいっくそ殴られる


そして・・・
yrtyrtyryr16.jpg

オープニングへ
yrtyrtyryr17.jpg

ミミズが踊り狂っている文字を強制的に見せ付ける
yrtyrtyryr18.jpg
余談だが、きらら伝のBGM素材は拾って使ってクレジット表記なしで
マナー違反!と思う方も多いだろうが、実は全部、クレジット表記しなくていいよって所のを
利用していたりする。意外と律儀なきらら。

yrtyrtyryr19.jpg

アイタタタ
yrtyrtyryr20.jpg

目覚めるきらら
yrtyrtyryr21.jpg

近くに居た老人は倒れていたきららを見つけ、この家に運んでくれていた。
yrtyrtyryr22.jpg

そしてここが政府によって作られた隔離施設であることを教える。
yrtyrtyryr23.jpg

じいさんはここに送られた以上、のんびりすごせと諭す。
yrtyrtyryr24.jpg

きららの問いにじいさんは
yrtyrtyryr25.jpg

ここをどこか忘れたか?駄目人間の集う町じゃよと力なく笑う。

唐突に頼みごとをするじいさん
yrtyrtyryr26.jpg

みつきでいう解除率のように、今回のきらら伝はイベントが視認出来るようになっている。
変数を理解していないきららにはデフォのアイテムを利用するという無茶な方法を取っているが
これはこれでアリ。
yrtyrtyryr27.jpg

今回はレベルアップ性ではない。肩書きも駄目人間へ
yrtyrtyryr28.jpg

じじいに漂流教室を渡すと、じじいはきららの中にある何かを見出す。
yrtyrtyryr29.jpg

じじいの家を出て酒場へ
yrtyrtyryr30.jpg

ここでは色々なイベントが発生する。画像は武闘会があるという情報
yrtyrtyryr31.jpg

他にはお金の壷や
yrtyrtyryr32.jpg

ドラゴンレーダーをもらったりする。
yrtyrtyryr33.jpg

マスターからはじじいがかつてこの町から出ようと戦っていたことを教えられる
yrtyrtyryr34.jpg

じじいやる気あったんじゃねーか!ときららはじじいの下へ
yrtyrtyryr35.jpg

じじいはツラツラと語りだす
yrtyrtyryr36.jpg

yrtyrtyryr37.jpg

そして地上への塔には当然屈強な門番が居るため
じじいは諦めてしまったのだ。

駄目人間が集まっているかもしれないが、希望を捨てなかった人間すらも皆
強制的に諦めさせ、駄目人間にされているとつぶやくじじい
yrtyrtyryr38.jpg

きららはじじいに召喚能力を見せる
yrtyrtyryr39.jpg
yrtyrtyryr40.jpg

きららのチカラに感服し、じじいは全てを託しきららに3万円を渡す。
yrtyrtyryr41.jpg

そしてイベント欄にはメインテーマがここで初めて入る。
yrtyrtyryr42.jpg

有利に進めるためにさくっとまずはドラゴーンボール集め
yrtyrtyryr43.jpg

シェンロンの登場である
yrtyrtyryr44.jpg

こちろん消費半減という重要アイテムを入手。ここでしか手に入らない。
yrtyrtyryr45.jpg

yrtyrtyryr46.jpg

他には伝説の剣が存在しているので一応とっておく。
yrtyrtyryr47.jpg
yrtyrtyryr48.jpg

今回のアイテムは全て俗に言う「種」であり
何回も使うことになる。言うまでもなく最大召喚upのおろちは重要アイテム。
yrtyrtyryr49.jpg

お金が結構必要なバランスなのでお金の壷を目指すことに
yrtyrtyryr50.jpg

見張りと戦闘
yrtyrtyryr51.jpg

yrtyrtyryr52.jpg

レギュラー殺っちゃんのバトルアニメは気合が入っている
yrtyrtyryr53.jpg
yrtyrtyryr54.jpg

コモンイベントを覚えたきららは
ついに回復魔法もちゃんと絵を表示させれるようになった
yrtyrtyryr55.jpg

ドラゴンボールも変数で加算だけだが使用しており
技術面で飛躍的にやれることが増えた記念碑的作品でもある。
これがなかったら、みつきのバトルシーンはあそこまで出来てなかった。
コモンと変数使いまくりだしね。

まあいくら色々あっても最強召喚であるセイバーをぶっぱなすだけのゲームであるが
yrtyrtyryr56.jpg

撃破
yrtyrtyryr57.jpg

さてこのだるい謎のワープマップを突破できるか
yrtyrtyryr58.jpg

いくら製作者でもこの作りは覚えておらず、長期戦を覚悟
yrtyrtyryr59.jpg

してたが意外とあっさりクリア
yrtyrtyryr60.jpg

1200回ほど連打
yrtyrtyryr61.jpg

戦闘で消耗したので宿屋へ。
yrtyrtyryr62.jpg
yrtyrtyryr63.jpg


そこできららは夢を見る
yrtyrtyryr64.jpg

同い年の人たちは、立派に社会で頑張っていると教える謎の声
yrtyrtyryr65.jpg

yrtyrtyryr66.jpg

夢のことは忘れて優勝賞金を狙いにいく。
yrtyrtyryr67.jpg

yrtyrtyryr68.jpg

一人め
yrtyrtyryr69.jpg

ワクドナルドの客である
yrtyrtyryr70.jpg

文字通り弱いので瞬殺
yrtyrtyryr71.jpg

二人目
yrtyrtyryr72.jpg

ワクドナルドの客である
yrtyrtyryr73.jpg

セイバーぶっぱ
yrtyrtyryr74.jpg

回復しに宿へ
yrtyrtyryr75.jpg

またしても夢の中で語りかけてくる謎の声
yrtyrtyryr76.jpg

yrtyrtyryr77.jpg

気を取り直して再度賞金を目指しに
yrtyrtyryr78.jpg

3人目
yrtyrtyryr79.jpg

もちろんセイバー
yrtyrtyryr80.jpg

4人目
yrtyrtyryr82.jpg

どうやら第4部らしい。
余談だがジョジョの4部が好きである。
yrtyrtyryr83.jpg

でもセイバー
yrtyrtyryr84.jpg

結構強い5人目
yrtyrtyryr85.jpg

もちろんワクドナルドの客である。
yrtyrtyryr86.jpg

当然セイバー
yrtyrtyryr87.jpg

yrtyrtyryr88.jpg

決勝戦に行く前に回復へ
yrtyrtyryr89.jpg

またしても語りかけてくる謎の声
yrtyrtyryr90.jpg

きららは精神統一をし、夢で謎の声と対話を試みる
yrtyrtyryr91.jpg


yrtyrtyryr92.jpg

「神」の登場である。
yrtyrtyryr93.jpg

ぼろくそに言い続ける神にぶちぎれるきらら
ノーカットでお送りしよう

yrtyrtyryr94.jpg
yrtyrtyryr95.jpg
yrtyrtyryr96.jpg
yrtyrtyryr97.jpg
yrtyrtyryr99.jpg
yrtyrtyryr100.jpg

きららの啖呵に多少のやる気を見出す神
yrtyrtyryr101.jpg


yrtyrtyryr102.jpg

重要イベントが発生する
yrtyrtyryr103.jpg

紆余曲折あったものの、とりあえず決勝へ
yrtyrtyryr104.jpg

yrtyrtyryr105.jpg
yrtyrtyryr106.jpg
yrtyrtyryr107.jpg
yrtyrtyryr108.jpg
yrtyrtyryr109.jpg


ガンダムファイトレディーgo!は再プレイ時寒すぎて
画面を直視できないレベルであった。


バトルへ。記念すべき「淫魔」の初登場シーンである。
yrtyrtyryr110.jpg

決勝だけあって結構強く、セイバーを連発できないと苦しい。
yrtyrtyryr111.jpg

ともあれ優勝
yrtyrtyryr112.jpg


賞金の10万を元手に強化し
いよいよ脱出する為に北の塔へと向かうきらら
yrtyrtyryr113.jpg


後編へつづく


まとめ
洗練されてきてるね、システムが。
色々と、何が駄目で何が良いかってのがわかってきてて
無駄な戦闘を極力はぶいたりとか、妙なレベル上げとかを一切カット
種でパワーアップが中心なんてもみつきのチップス食いや
オーラを能力変換させて強化に繋がっている。

ある意味ご先祖的ゲームである。
今プレイしても、ストレスは少ない貴重なきららゲー

広いフィールドを歩くのを解消するために
移動速度変化マンとかいたりして、きらら伝1と比べると雲泥の差である。



  1. 2013/03/18(月) 15:55:50|
  2. 駄目人間伝きらら 前編
次のページ

新作の前に

塗りをちょっと、もうちょっとだけでも上手くなろう。そうしよう。
勉強だ。

そこから見える何かもある。
  1. 2013/03/17(日) 18:32:57|
  2. 製作以外の話
次のページ

精子尽きるまで、あたしは戦う! 最終回

このゲーム、もっと良くなるわ。

次はまとまったら発表する。
ちょっとふぁんとむ、精子ともに飛ばし記事でやりすぎた。反省。
  1. 2013/03/16(土) 12:37:56|
  2. 精子尽きるまで、あたしは戦う!
次のページ

きらら伝更新はまた来週

残りは駄目きら

おまけで
失われたきらら伝
まいか伝

きらら伝のラストはどうなる予定だったか

できらら伝更新は終わりかな。

プロフの絵なににしようかなーと思ってたけど
2012年もっともきららを熱くさせた閻魔あいにした。
好きだし。

ヨミはいうまでもなく、あいちゃんをモデルに作った。



ちょっと古いアニメではあるんだが
ギャラクシーエンジェル以降、もっともきららを熱くさせた
傑作アニメであると断言しよう。
  1. 2013/03/15(金) 18:42:27|
  2. 製作以外の話
次のページ

オタク伝きらら 最終章 後編

テレビ局突入前に強化+全員最強装備へ
thrthtrhrthrhr1.jpg

テレビ局っつーか、思いっきりNHKと名指しである。
thrthtrhrthrhr2.jpg

ここから異常にキャラの掛け合いが増える。
thrthtrhrthrhr3.jpg

ともあれ、きらら伝史上最も謎な「3マス分以内に入るとゲームオーバーよ」イベントが始まる。
thrthtrhrthrhr4.jpg

これ布石ね。馬鹿でもクリアできるって。
thrthtrhrthrhr5.jpg

ともあれスタート
thrthtrhrthrhr6.jpg

明らかになめてる敵の配置
thrthtrhrthrhr7.jpg

突破するも進みようの無い状態に。
thrthtrhrthrhr8.jpg

あのクソ通路をもう一度戻る
thrthtrhrthrhr9.jpg

戻る途中ナチュラルにゲームオーバーになる製作者きらら。
馬鹿でもクリアできるハズなのに・・・まじでうっかりミスったわ。
thrthtrhrthrhr11.jpg

気を取り直してもう一度最初から進め、空き缶を見つける。
thrthtrhrthrhr12.jpg

空き缶の音に気をとられ兵士は消える、面白くもなんともないイベント
thrthtrhrthrhr13.jpg

奥には局長に昇進したしゃべり場の司会者がいた。
thrthtrhrthrhr14.jpg

しかしきららとの戦いにより機械化している。
thrthtrhrthrhr15.jpg

だがその機械化により局長は召喚能力を手に入れていた。
thrthtrhrthrhr17.jpg

これがまた強いんだ。
thrthtrhrthrhr18.jpg

この時点でルリルリが使えないとかなり苦しい上
thrthtrhrthrhr19.jpg

結構な総力戦になる。
thrthtrhrthrhr20.jpg

ルリルリが調子いいと早いんだけどね。
thrthtrhrthrhr21.jpg

局長を脅し、協力させることに。
thrthtrhrthrhr22.jpg
thrthtrhrthrhr23.jpg


いよいよ決戦である。
thrthtrhrthrhr24.jpg

一方その頃・・・

thrthtrhrthrhr25.jpg
thrthtrhrthrhr26.jpg
thrthtrhrthrhr27.jpg

ローゼンクイーン商会に戻り、聖戦の幕が明けた事を伝えるきらら
thrthtrhrthrhr28.jpg

ちなみにきららが上を向きっぱなしなのはミスである。
thrthtrhrthrhr29.jpg

国会へ
thrthtrhrthrhr30.jpg

国会では既に激闘が繰り広げられている
thrthtrhrthrhr31.jpg

大人気声優、田村ゆかり姫も健闘している。
thrthtrhrthrhr32.jpg

なんか見ようによっちゃ左思想っぽいゲームだよな
thrthtrhrthrhr33.jpg

最初にきららを助けに来てくれた奴は基本熱い男である。
thrthtrhrthrhr34.jpg

奥に進もうとすると、小麦ちゃんがこんなことを言い出す。
thrthtrhrthrhr35.jpg

きららは小麦に信者達を頼み、進みだす。

中には既に多くの兵士が待機しているが
thrthtrhrthrhr36.jpg

みくらちゃんが一掃
thrthtrhrthrhr37.jpg

そして追ってを防ぐために残るといいだす。
thrthtrhrthrhr38.jpg

危険だから置いていけないというきららだが
thrthtrhrthrhr39.jpg

世界を変える為にきららは進みだした。

無茶な行動も、自分達の活動限界が迫ってるから故である。
thrthtrhrthrhr40.jpg

いよいよ国会の奥に到達
thrthtrhrthrhr41.jpg

悪役が最後はなんかちょっといい奴っぽくなるアレである。
thrthtrhrthrhr42.jpg

謎のシステムが発動し
thrthtrhrthrhr43.jpg

きららは全世界に向けて公開オナニーをする。
thrthtrhrthrhr44.jpg

まじか、きいたことねーぞ。
thrthtrhrthrhr45.jpg

このゲームが自己満足そのものだしな
thrthtrhrthrhr46.jpg

しかしきららの演説を止めようと・・・
thrthtrhrthrhr47.jpg

総理大臣が襲い掛かってくる
thrthtrhrthrhr48.jpg

完全に笑わせにきてるぜ、この総理
thrthtrhrthrhr49.jpg

きららをかばい、負傷する殺っちゃん。
thrthtrhrthrhr50.jpg
thrthtrhrthrhr51.jpg

活動限界を迎えてしまう殺っちゃんだがきららにはその意味がわからない。
thrthtrhrthrhr52.jpg

そこに現れる黒幕
thrthtrhrthrhr53.jpg
thrthtrhrthrhr54.jpg

実在の人物と関係ないようにする為に、フルネームではない。
thrthtrhrthrhr55.jpg

宮崎レベルになると召喚時間もかなり長くなる。
彼もまた、きらら同様二次元召喚が出来る人物であった。
thrthtrhrthrhr56.jpg

消えていく仲間達
thrthtrhrthrhr57.jpg

thrthtrhrthrhr58.jpg

自分のロリキャラにしか興味ない宮崎は殺っちゃん達をカス扱いする
thrthtrhrthrhr59.jpg

怒りに震えるきらら
thrthtrhrthrhr60.jpg

尚も煽る宮崎
thrthtrhrthrhr61.jpg

宮崎がオタクを消し去ろうとしていた意図がここでわかる
thrthtrhrthrhr62.jpg
thrthtrhrthrhr63.jpg
thrthtrhrthrhr64.jpg

ぶちぎれるきらら
thrthtrhrthrhr65.jpg

きららの姿に驚く宮崎。
thrthtrhrthrhr66.jpg

自キャラだけを愛し、その為に名誉枠を駆使し、ロリアニメを製造する邪な心を断罪するきらら。
thrthtrhrthrhr67.jpg

フルネームを言ってしまってる宮崎。アカン
thrthtrhrthrhr68.jpg

これはきらら伝で一番いい台詞だなぁ、実にきららっぽい。きららの全てが詰まってる。
thrthtrhrthrhr69.jpg

宮崎との対決はイベント戦闘なので負けない。
thrthtrhrthrhr70.jpg

べらぼうに強くなるきらら
thrthtrhrthrhr71.jpg

敗北し、己のオタク力の無さに悲観する宮崎だが・・・
thrthtrhrthrhr72.jpg

事前に己の力を使い果たし、巨神兵を召喚させていた。
thrthtrhrthrhr73.jpg

皮肉にも前作でのきららと同じ行動を取る宮崎。
thrthtrhrthrhr74.jpg

自分のやった事を忘れて批判するきらら(ここは意図的にそういう風にしてある、立場の転換というか)
thrthtrhrthrhr75.jpg

正真正銘、最後の戦いである。
thrthtrhrthrhr76.jpg

数ターン毎に消えてしまったキャラ達がきららの心に問いかけてくる
thrthtrhrthrhr77.jpg

thrthtrhrthrhr78.jpg

thrthtrhrthrhr79.jpg

これにより、仲間としてじゃなく
きららの「召喚」として使えるようになる。
thrthtrhrthrhr80.jpg

ラスボスはまじで強く、普通に勧めていると結構きつい
thrthtrhrthrhr81.jpg

thrthtrhrthrhr82.jpg

thrthtrhrthrhr83.jpg

ギリギリで殺っちゃんで仕留められた・・・最後の一発で。なんという奇跡的なバランス
thrthtrhrthrhr84.jpg

エンディングへ
thrthtrhrthrhr85.jpg

thrthtrhrthrhr86.jpg
thrthtrhrthrhr87.jpg
thrthtrhrthrhr88.jpg
thrthtrhrthrhr89.jpg
thrthtrhrthrhr90.jpg
thrthtrhrthrhr91.jpg
thrthtrhrthrhr92.jpg
thrthtrhrthrhr93.jpg







thrthtrhrthrhr94.jpg



これでおわりである。


まとめ
演出面は稚拙な所が目立つけど
かなり面白い出来じゃないかなぁーこれ。

今のきららの技術でっていうほどの進化はないけど
リメイクで作ったらもっとよくなると思う。
個人的にこれの秀逸だと思ってるのはパロ要素や版権キャラを扱いつつも
知らなくても楽しめるようになってる点だと思うわ。

そういうキャラクターって認識で遊べるようになってる。はず。
軸が現代における事象なのが幸いして、版権を使っただけのしょうもない
パラレルRPGじゃないってのはいい感じかなぁと思ってるけど。

まーやった人がどうおもったのかはしらん。


次回、現状最後のきらら伝にして最高傑作との呼び声も高い
「駄目人間伝きらら」





  1. 2013/03/14(木) 18:34:42|
  2. オタク伝きらら 最終章 後編
次のページ

オタク伝きらら 最終章 前編

今回も長いので前後にわけて更新

前作から2ヶ月以上の時を経て発表された2005年1月に誕生した作品である。
ewfewfwefew1.jpg

前作のおさらいが流れ、きららが地球を破壊したあらすじの後
ewfewfwefew2.jpg

一連の流れが全て妄想だったと発覚する。
ewfewfwefew3.jpg

妄想の世界に旅立ったきららは精神病患者として捕らえられていたが
きららの出演したしゃべり場をみた有志達は組織を結成し、戦っていた。
ewfewfwefew4.jpg

助けに来たものの、きららは完全に狂っていた。
ewfewfwefew5.jpg
ewfewfwefew6.jpg

きららが狂っていてどうしようもない上に、見つかってしまう。
ewfewfwefew7.jpg
ewfewfwefew8.jpg

きららを妄信する有志
ewfewfwefew9.jpg

目覚めを求めるがきららには届かない
ewfewfwefew10.jpg

もちろん下の選択肢はゲームーオーバーである。
ewfewfwefew11.jpg

マール王国とあっちゃだまってられん突如正気に戻るきらら。
ewfewfwefew12.jpg

助けを求める声に応えるべく
ewfewfwefew13.jpg

監視員と戦う。
ewfewfwefew14.jpg

今回は最初から召喚が全て使えるが
MPが足りないため、必然的に雅ちゃんしか最初は使えない。
ewfewfwefew15.jpg

最初の敵なので弱い
ewfewfwefew16.jpg

落ち着いた辺りで詳しい事情を聞くことに
ewfewfwefew17.jpg

きららの出演したしゃべり場放映以降、よりいっそうオタク批判が高まってしまった日本。
しかし、感動したオタクも数多く、きららを救い出し、今一度聖戦をしようとしていた。
ewfewfwefew18.jpg

そしてきららはローゼンクイーン商会へ・・・



と、ここまでがオープニングなのである。
ゲーム的にはオーソドックスなレベル上げのある内容。
純正きらら伝は6作品あるが、これが一番のお気に入りである。

ストーリー 戦闘 ストーリー でようやく本編というのは
めぐるでもやった手法である。
短い時間でどんな雰囲気のゲームかを伝えるには効果的だと個人的には思っている。

ローゼンクイーン商会で演説するきらら
ewfewfwefew19.jpg

主なゲームの流れとしては単純にテレビ局を制圧し、政治的拠点で真実を伝えようというだけである。
ewfewfwefew20.jpg

きららの発言は全て素晴らしいものに聞こえる信者達。ある種の皮肉的場面として作ってある。
ewfewfwefew21.jpg

今回はフルPT製になり、きらら伝3以上にPTメンバーとのやり取りが増える。
ewfewfwefew22.jpg

まずはその仲間を集めるのが目的。
他には会話によって発生するイベントもある。
ewfewfwefew23.jpg

今回のフィールドはさんまの名探偵方式を採用。
ewfewfwefew24.jpg

近くのソフマップでは国によってアニメゲームの規正がとんでもない事になってる事などがわかる。
またここでは仲間にするために必要な召喚媒体が手に入る。
ewfewfwefew25.jpg

今回は殺っちゃん、みくらちゃん、小麦ちゃん、皆きらら伝3からの出陣である。
ewfewfwefew26.jpg

きららの家で買ったゲームソフトを使うと召喚され、仲間になる。
ewfewfwefew27.jpg

ewfewfwefew28.jpg

ewfewfwefew29.jpg

今回のステータス
ewfewfwefew30.jpg

オーソドックス
ewfewfwefew31.jpg

まずはおなじみ闘技場へ
ewfewfwefew32.jpg

初級
ewfewfwefew33.jpg

中級
ewfewfwefew34.jpg

上級
ewfewfwefew35.jpg

倒して手に入るお金は想像通りである。

ローゼンクイーン商会ではきららゲーの重要アイテムが売ってるので
全員これを装備させるのが最終状態である。
ewfewfwefew36.jpg

闘技場で少し稼いだ後は、オタク狩りが盛んなセガゲーセンへ。
これは無視しても本編はクリアできるのだが、レベル上げも兼ねてクリアを目指す。
ewfewfwefew37.jpg

この時点できらら伝フリークは「あれか」と気付くだろう。
ewfewfwefew38.jpg

セガゲーセンではこういったオタク狩りとの小イベントがちりばめられている
ewfewfwefew39.jpg

マシンロボ クロノスの大逆襲の「ロム兄さん」っぽく語り
ewfewfwefew40.jpg

ewfewfwefew41.jpg

まんまの展開の後
ewfewfwefew42.jpg

「生涯現役だもんで」と戦う。
ewfewfwefew43.jpg

序盤は殺っちゃんのロケランがかなり強い。
ewfewfwefew44.jpg

またセガゲーセンでは雑魚とエンカウントする。
みつき伝のワックにくる客である。
ewfewfwefew45.jpg

調べると必ず反応があるきららゲーの極地はこのゲーセンであるといって過言ではない。
ewfewfwefew46.jpg

セガゲーセンをクリアするには最低でもエンジェル隊を召喚できようにならないと難しい。
ewfewfwefew47.jpg

それなりに強化をし、最上階へ。
最上階にはこのゲーセンを荒らしているヤクザ屋さんの親分がいる。
ewfewfwefew48.jpg

ヤクザ屋さんはゴキブリのようなオタクを駆除し、その報酬として
お金を貰ってるだけに過ぎないと言い放つ。
ewfewfwefew49.jpg

雑魚連戦へ
ewfewfwefew50.jpg

これもワックにくる客である。
ewfewfwefew51.jpg

追い詰められる親分
ewfewfwefew52.jpg

唐突に出る「スーパーオタク人」の単語。
気になって夜もぐっすり眠れる単語である。
ewfewfwefew53.jpg

そして親分との決闘。
もちろん、ワックの客である。
ewfewfwefew54.jpg

親分は正直、かなり強い
ewfewfwefew55.jpg

作者なのに、5,6回ゲームオーバーになってしまった。
ewfewfwefew56.jpg

というのも、渾身の召喚が外れるんだよね。
MP全部開放してぶっぱなすバランスのきららゲーにおいて
これは非常にストレスになった。

この経験が後に「攻撃基本的に全てあたる」という仕様として
ゲーム作りが変わっていったのである。
100%逃げられるとかもそうだね。
みつきが一番判り易いかな、そこら辺の意識は。

ともあれなんとか倒す。
ewfewfwefew57.jpg

きららは理不尽なヤクザ屋さんの行動に疑問を持ち、問いただす。
ewfewfwefew58.jpg

ヤクザ屋さんは国に半ば脅されオタク狩りをしていたのだった。
ewfewfwefew59.jpg

政府が何かを企んでいるようだが、その理由まではわからないきらら。
ewfewfwefew60.jpg

セガゲーセンに平和をもたらしたので入り口にいた子供からいい事を聞く。
ewfewfwefew61.jpg

正真正銘、伝説の「お金の壷」である。
ewfewfwefew62.jpg

余談ではあるが、エミリアのシェアゲーにこれが引き継がれてるのは
びっくりしたもんだ。

ゲーセンイベントをクリアし、そこそこ強くなったので本編を進める。
ewfewfwefew63.jpg

きららの仲間である殺っちゃん達の力強さに感動する信者達
ewfewfwefew64.jpg

そしていよいよ聖戦への火蓋が切って落とされる。
ewfewfwefew65.jpg

テレビ局に乗り込む事に。
ewfewfwefew66.jpg


後編へ続く。


まとめ
うーん、台詞まわしが面白いかな、今やっても。
展開もきらら特有の王道感。
あえて言うなら「きらら王道」


まーた闘技場に回復施設がないというミス犯してるんだなこれが。
召喚もツクールのバトルアニメでしか表現できない技術不足など、まだまだ未熟面が多い。
コモンで呼び出してピクチャでアニメさせてとか思いつくのは
数年後の話であった・・・
なんせこの時点で「変数」がまるっきりわかってないからね。

まあ、いまでもよくわかってないんだけどね。


次回 オタク伝きらら 最終章 後編
  1. 2013/03/13(水) 17:32:06|
  2. オタク伝きらら 最終章 前編
次のページ

オタク伝きらら

まだまだ続く2004年のきらら伝この時点で年間4本目という
今のきららでは考えられない速度である。
hrthrthrtyry1.png

謎の二部構成
tryryryrhjrj5.jpg


大まかには二次オタ偏向報道に対しての怒りをぶつけましたよ的なしょうもない内容である。
ちなみに「超絶神」という単語が初めてきららについた作品でもあった。
rthrtyrtyrthrhr2.png

おお、22の数字がまぶしい・・・
tryryryrhjrj.jpg

さて今回はきらら伝2と肩を並べるレベルの駄作である事を断っておこう。

今も酷いが、当時も酷いわな。これ何の時だっけかなぁ
と思ってみて調べたが「2004年高崎小1女児殺害事件」に対しての反応が強いっぽいな。
tryryryrhjrj4.jpg

「フィギュア萌え族」という単語を覚えている人も多いだろう。
犯行内容は擁護しようのない事件なのは当然だが
フィギュア好き=犯罪者=二次好きはやばい
みたいな図式にされて居たな、完全に。
まあ、オタク=やばいってのは宮崎勤事件の頃もそうだったが。
意図的にそういう報道にするメディアはダメだろ、みたいなそんなお話の内容だ。

最近で言えば撮り鉄オタ批判騒動なんかもあったが
一部分だけを見てどうこういってしまうのはやはり好まない。
キチってる奴だけみて全体をみるのは危険だ。

きららを見てフリゲ作ってる奴は全員キチガイだと言う様なもんである。

やべぇ、全然ゲームの内容の話になってない。
それくらい、この作品「ゲームにする必要が無い」のである。
散々ぱら語られたことをきらら流に垂れ流してるだけなので。
エンタメ性も弱い。

閑話休題

今回の召喚は使用回数製になっている。
とどのつまりアイテムなのに使うのに一手間いるという無駄仕様
tryryryrhjrj6.jpg

移動もアイコンでポイントに行く制度に。
毎回仕様を変えるというルールをきらら伝にはあった。
tryryryrhjrj7.jpg

アキハバラとテレビ局しかない短編以下の短編
テレビ局に行く前にアキハバラのイベントを紹介しよう。
tryryryrhjrj8.jpg

ということは前作から約2ヵ月後か。
tryryryrhjrj9.jpg

とりあえず9年続いたね。
tryryryrhjrj10.jpg

お馴染み闘技場システム
tryryryrhjrj11.jpg

基本的には常識の無いきららが常識の無いオタク達に説法するという内容だ。
tryryryrhjrj12.jpg

うぐぅ
tryryryrhjrj13.jpg

きらら的には殺っちゃんの座を奪えなかった天楼久那妓
tryryryrhjrj14.jpg

何言ってんだこいつ。
tryryryrhjrj15.jpg

個人的にはこのガンダムオタに対するイベントは気に入っている。
tryryryrhjrj16.jpg

みつき伝の客、三人娘での淫魔と、脇役のはずが結構な出演をこなした。
tryryryrhjrj17.jpg

いわゆる無口冷静かっこいい系のキャラが好きなきらら、エスカレイヤーより参戦。
tryryryrhjrj18.jpg

くっだらねぇ説法だな。苦笑するわ
tryryryrhjrj19.jpg

今回のステ
tryryryrhjrj20.jpg

装備はもはや手抜き
tryryryrhjrj21.jpg

レベル1でもクリアできるしね、これ。

今度はエヴァオタ
tryryryrhjrj22.jpg
tryryryrhjrj23.jpg

これもみつきに登場した客だな。
tryryryrhjrj24.jpg

まあでも絶滅危惧種だよねもう。
tryryryrhjrj25.jpg

殺っちゃんは3コマで速度がはえーのでうまくとれねぇ
tryryryrhjrj26.jpg

CLANNADが気に入っているきららの様子が目に浮かぶ。
tryryryrhjrj27.jpg

これもみつきの客だな
tryryryrhjrj28.jpg

tryryryrhjrj29.jpg

最強の召喚クルルは無制限に使えるのでこれさえ見つければレベル1クリア可能
tryryryrhjrj40.jpg

恥ずかしいゲームだな。
tryryryrhjrj41.jpg

クソサブイベも紹介したのでそろそろ本編を進めよう。
tryryryrhjrj42.jpg

ちなみに今回のアイテム。
tryryryrhjrj43.jpg

テレビ局に突入
tryryryrhjrj44.jpg

まるで死ぬかのようなタイトルだが、衝撃の展開が待っている。
tryryryrhjrj45.jpg

生放送の討論番組に出演し、きららは差別偏見者たちと口論する
tryryryrhjrj46.jpg

皆口々に、オタクキモいやいい年こいてアニメにはまるとか、みたいな事を言う。
tryryryrhjrj47.jpg

しかしきららは「オタク」という広い意味のある言葉に対してアニゲ漫画だけの意味で使ってるだろ、と怒る。
tryryryrhjrj48.jpg
tryryryrhjrj49.jpg

最初のほうに挙げた宮崎勤事件で風当たりが強くなったという話をするきらら。
もうこの事件を知らない人も多いんだろうなぁ
tryryryrhjrj50.jpg

これも覚えてない人や知らない人が多そうな話だな
tryryryrhjrj51.jpg

CMの間、関係者に呼び出される。
まじめに反論しているのが気に入らない関係者。
tryryryrhjrj52.jpg

これは、自信を持って言うわ。テレビ局の本音だと。もちろん今でもね。
tryryryrhjrj53.jpg

このシーン、実は二次元召喚の原理に触れている重要な一コマ。
tryryryrhjrj54.jpg

魔物と化したテレビ局、とは言え今回は低難易度などでさっくり倒す。
tryryryrhjrj55.jpg

今となっては笑えないことばかりだ。
福島原発は当時素人目にしても、ちょっと隠しすぎだろと。
tryryryrhjrj56.jpg
tryryryrhjrj57.jpg

そしてきららは討論所に戻り、心を込めて伝える。
tryryryrhjrj58.jpg

が、現実はこんなもんである。
tryryryrhjrj59.jpg

きららは絶望する。世界を変えれない自分に。
tryryryrhjrj60.jpg

なので地球そのものを破壊する事を決めた。
tryryryrhjrj61.jpg

抵抗をまったくしない地球にクルル連射
tryryryrhjrj62.jpg

地球消滅
tryryryrhjrj63.jpg

新しい世界を作る決意をする「超絶神きらら」
tryryryrhjrj64.jpg

よくわからない事をいって
tryryryrhjrj65.jpg

終わる
tryryryrhjrj66.jpg




まとめ
クソゲーとかじゃなく。「カス」
何がしたいんだかわからん、このゲーム。
主義主張を唱えてスッキリしてるだけ。
エンタメ感を忘れた酷い作品である。

当時これを発表したときには
なんだこのエンディング・・・とわりと批判をくらった記憶がある。

きららも中身になっとくしてないのか
批判等も受け入れ、今一度「面白い」を考え直す。

その後「今のきららの作風もっとも近い」個人的ゲーム製作スタイルの岐路、もとい
製作スタイルが生まれた記念すべき作品「オタク伝最終章」が生まれるのであった。

次回へ











  1. 2013/03/12(火) 15:51:15|
  2. オタク伝きらら
次のページ

ハッピーバースデートゥーミー

311.jpg


世間一般的にはこの日は悲惨な日として記憶にも新しいところだろう。

まあでもしょうがねぇ、誕生日なんだもん・・・
祝31歳 31どこか25歳くらいに見られるのはちょっと自慢!

逆に言えば脳みそも精神構造も子供ってことなわけよ。
そこがちょっと悩むわ。

とっくにいねーパパの写真の31歳の頃とかは
31のオッサンだなぁとか思えるのに
きらら若ぇ

パパが31の時にはきららは6歳
ママが31の時にはきらら11歳
きららが31の時は親元で一人でゲーム作り。

そりゃー精神若いままだよな。
世間一般的には十分クズだ。

だからこそ、ゲームを作っていられるのかもな。


今日は他店舗応援で別の場所に。
お昼ごはんはいい天気だし、近いしと言うことで
めぐる伝の本番ルートの場所でご飯を食べた。
130311_1327~01

ゲーム内ではここになるかな
本番80


まあだからなんだという話だが。
疲れたわ。今日は。
明日あさってはオタク伝きらら更新予定。

あ、誕生日プレゼントとか気使わないで、ほんと気つかわないで!
誕生日プレゼントとか欲しくないから!ほんと気使わないで!
  1. 2013/03/11(月) 17:11:09|
  2. 製作以外の話
次のページ

明日誕生だ

死にたい
  1. 2013/03/10(日) 20:29:53|
  2. 製作以外の話
次のページ

ぽかぽか

暖かいせーか、帰ってきてド昼寝しちまったぜ。くそっ

仕事中放置してたサミタも無事にカンストし、どうしよう状態
gregegeretetet.jpg


頭を使わない仕事ってーのは
究極の構想時間だよね。きららには今の仕事も前も仕事も、いや基本ずっとだな。
そういう仕事を選んでるとこあるな。

ゲーセンが最高だったかな、構想練って、メダル貸し出して、構想して、メダル受け取って、構想して
プライズ手直して、構想して、灰皿回収して、で仕事しつつお給料を貰いつつ、構想できるという。

あの時、みつきがおぼろげに見えてた時なんだよな、懐かしいわ。何もかも。

卒業シーズンのせいか、学生達が楽しそうにメシ屋から集団で出てきたりしてるのを見て
「これからが本当の地獄だ・・・」と教えたくなるが

まあ今日もそんな構想タイムのおかげで
「ゲームがよりよくなる方法」を思いつく。

精子尽きるまで私は戦う 今までのきららゲーとは一味ちがいまっせ・・・
  1. 2013/03/09(土) 21:01:31|
  2. 製作以外の話
次のページ

きらら伝更新はまた来週にでも

意外とめんどくさい。時間かかる、連発はやるほうも見るほうも飽きる、ということで。

今日はじっくりゲームの中身いじり
jytjtjtyjtyj.jpg

ひぐらしをオートでぼへーっと流しながら
やれ変数だなんだ。

ゲームっぽくなってきた。
htrhrthrjrj.jpg
精液減退の仕様いれたり、数字動くの完成させたりと、わりと捗ったな。

精子カテでもいいんだが、もう少し絵的に面白くなったらでいいかなぁ。

みつき系統以外を作る重要性ってのは既に書いたんだが
大みつき伝を作るにもどうしても必要なんだよね。
本家の大○○伝シリーズがどういう基本構成かってのを理解してると、判り易いけど。

新作はみつきにストーリー的干渉は一切ないけど
まったく繋がっていないということもない。例えばコレットの目が赤くなるとかね。
きららゲーの世界観における淫魔は赤目統一にしたわけだ。
ヨミは作中通して一切目は出さないけど、もち赤目

ここに来て色々と見えてきたわー。完成形が。

以下どうでもいい話

かえではかわいいなぁ
reteteterte.jpg

この伝説の巫女が4万発くらいでたので
サミタの無料で遊べるお金の上限「50万」に手が届きかけてるわ。
失うと遊べないというリスクがわりと熱くなるね。逆に裕福な時の安心感。
50万ってあーた、リアル5万円分の課金っすよ?それが無償で手に入って遊べるこの優越感。

やっぱリスクのねーギャンブルはダメね。
オートで垂れ流せるし、作業BGMとしても活躍してるわサミタ。

今は新規登録と破産補充で5000円分遊べるはずだから、暇な奴は
やってみるのもいいかもね。
  1. 2013/03/08(金) 16:19:39|
  2. 製作以外の話
次のページ

きらら伝3 後編

つづき

組織内部にある本棚より
werwrwr.jpg
wrwerwerwr.jpg

まじか・・・全然おぼえてねぇ・・・

erwrwrwr.jpg

とのことなので、きららがなぜか気に入って使い続けた闘技場システムでレベルを上げる
ewfwerwrwr.jpg

初級
werwerwerwerw.jpg

中級
werwerwefwa.jpg

上級
wefwerfwerw.jpg


ちとせがべらぼうに強い。

とりあえずレベル15になるとイデオンを覚えるのでこれはきらら伝3での必須召喚
「撃てるぞイデオンガンが!」 「パワー良好よ、コスモ!」
rgregretertet.jpg

これくらいになってれば余裕だな
tertetet.jpg

装備も最強に。
wwtwtwt.jpg

準備が出来たので反ゲイツメンバーと接触する
3242342422r.jpg

代表であるセガの人がきららにゲイツの行いを教える


342342424.jpg

怒られるぞゲイツに。
4242342t2.jpg

423423t2tr2.jpg

きらら伝のフィールドマップが日本の形をしてたのには意味があって
3でも日本っぽくなっているのだが、歪なフィールドになっている。


ゲイツにぶちぎれられてもしょうがねー内容だなこりゃ
42342342t2t2.jpg

でも情報統制に関しては、今の日本は意外と笑えないよね。

日本のゲームメーカーの一部は生き残っているのだが
32r23r23t2t2.jpg
2r23r2r2.jpg

なぜアリカが居るんだろうな。当時なんかアリカのゲーム好きだったっけか
と思って調べたら、テクニクビートがあったわ。これでPS2かったんだよなぁきらら。

だが、いかに有名メーカーであっても、ゲイツに抵抗しきれなかった。
それは続編ゲームに頼り、新しい風を作れなかったからであった。
3r2r23r2tg2.jpg

きらら伝という斬新すぎるゲームを作るパワーを持つきららに協力を要請。

きららは条件を出す。
t2t2t224.jpg
2t2t234524.jpg

きららのやる気に皆は感服し、きららの配下となる。
恐ろしい自分最高ゲーである。アメリカ映画っぽい。

ゲイツ城に行くためのきららの作戦が発表される
23t2t23t4.jpg

流れが完全にランス6のマジノライン攻略に影響されまくりである。
23r23r23t2t2.jpg
2342322.jpg
2t2t2342452.jpg
t2t23232t.jpg
t23t23t23t23t.jpg

と、盛り上がるんだか盛り下がるんだかわけのわからん展開になっていき

最終決戦が始まる。
25235325252.jpg

橋へ
23t23422.jpg

r232r23r23t.jpg

橋はよくある追いかけっこゲーになっており、シンボルエンカに当たれば
t323t23t2345.jpg

強めの雑魚と戦うというシチュ
42342t2t2.jpg

なんとか乗り越えるも、なかなか満身創痍な展開
t434t34t.jpg

43t34t34t3t.jpg

この頃のセガはもうどうでもいいらしい。
r3223r2t2t.jpg

ここではフィールドエンカ+迷路っぽい道を進むクソゲーである。
r23234242.jpg

こんな敵覚えてなかったわ・・・
23r23r2342.jpg

イライラ迷路を突破
r23242424.jpg

いよいよゲイツ城である
234242t.jpg


なぜかGBのSAGAネタで展開されるが、ここは一つ
ノーカットでお送りしよう
645y4y54y4.jpg
hrtyrtyry.jpg
2r323r2r.jpg
r2r234242.jpg
342t2t2.jpg
t2t2t2t2.jpg
gwegwgwg.jpg
gergertet.jpg
fewrwrwrw.jpg
fewrwwgwgw.jpg
r22r2t2.jpg
32r2t2t2.jpg
r22t2t2.jpg
2r323r23gt2.jpg
gregrehehe.jpg
4g33g3g3g.jpg
t334t343h.jpg

そしていよいよ決戦へ
2r323r23t2t2.jpg

ゲイツの思想と行動の伴ってなさを批判するきらら改革と破壊は違うのだ!と
r23r23g2.jpg

そんなゲイツに自分の夢だけは譲れないというきららの姿は9年後の今も健在である。
2r33r2r32tg2.jpg

完全に浮いている小麦ちゃんも叫ぶ
r23r23g2g2.jpg
2r3r23g2g2.jpg

PS2の小麦ちゃんは限定版をしっかり発売日に買い、乾いた笑いが出る。
初代箱の悲惨さは、持っていた人には言うまでもないな。実際酷かった。

きらら伝シリーズ集大成だけあり、ラスボスとしての貫禄的強さもある。
gregergergeh.jpg

小麦が死ぬと結構やばいので必死に守るのが勝利の鍵。
wefwefwwg.jpg

数ターンするとマジカルメイドが来る
fewfwefwg.jpg

ゲイツの洗脳がとけたマジカルメイド
f23f2f2f2.jpg

ちなみに猫の掃除機のゲームは「ブリンクス・ザ・タイムスイーパー」である。マジクソ


32f23424242.jpg

マジカルメイドの援護により全回復

恐ろしいくらい丁寧な小麦関連イベント
32r222g2g2.jpg

その後苦戦しつつもイデオンガン連発で撃破
2322g2g2g.jpg

神であるはずのゲイツは破れる。しかし、所詮人間だ、と。
神はきららだけだよと教える。
wefwwwwg.jpg

ゲイツの新しいゲームを作るという思いそのものは正しいと認めてはいるきらら。
gergereh.jpg

ゲイツはその後静かに消滅をする。



23f23f23f2f.jpg

小麦ちゃんの問いにきららはすげーエンディングつくったぜ!と豪語
gwegwerwr.jpg

きらら伝は基本、さっぱりと終わる事が多く、最後くらいはびしっとエンディングを作ろうとしていた。


efwfwefwf.jpg







でも結局めんどくさくなったのでやめた。
ewwfwwgwgwg.jpg

wgwgwrwrw.jpg
gegregerge.jpg
ewfwefwefwf.jpg


しっかりハテナマークがついているといういやらしさ
gregergegehe.jpg


まとめ
ゲームっぽさは今までよりもあるものの
基本ADV感が強いきららゲー、ストーリーや会話に拘りはあるものの
ゲームバランスとかでみると、全然駄作である。

とはいえ、テキストのノリは良いと思う。
が、このシリーズ一定以上のゲームへの知識がないとかなり苦しい。
そういう意味じゃエンタメとしては落第生。
お笑い芸人が楽屋ネタで盛り上がって笑ってるが、視聴者はポカーンという感覚に近いと思う。

以後も一定以上の知識があって初めて楽しめるような作風が続く。
この間違いに気付くのはまだまだ先のことであった。

次回オタク伝きらら。
  1. 2013/03/07(木) 14:17:23|
  2. きらら伝3 後編
次のページ

きらら伝3 前編

初期きらら伝シリーズ・ゲーム業界編の最終作品。
若干長くなるため、2回に渡ってお送りする。

タイトル画面も前回の反省を生かし、見やすくなる。
ewfwefewfwefwe.jpg

物語はきらら伝2以降、大きく成長したきらりんぐソフトウェアから始まる。
gregergerg_20130306161653.jpg

新作が完成し喜んでいる所に突如何者かが押し入ってくる
erwrwerew.jpg

PCに向かっている人たちも侵入者の方を見るという細かさだが、お前ら壁しか見えないだろと。
ewfwerw.jpg

謎の集団はマイクロソフトからの送られてきた者達であった。
rteterterrg.jpg

ゲイツはゲーム業界に進出するにあたり、潰すはずだった獲物をきららに取られご立腹中
werwerwef.jpg

さらには急成長している日本のゲームメーカーとして疎ましく思い。
ゲイツはきららは捕らえる事にした。
wefwerwfg.jpg

刺客の多さ故にきららは捕まってしまう。

オープニングへ どうやらランス6が出た頃らしい。
ytutyutj.jpg

データを見る限り、2004年 9月後半あたりに発表した作品のようだ。
きらら伝2から一ヵ月後ってとこかね。

前回の思わせぶりな終わり方故に、この作品が作られるのはわかりきっていた事だが
きらら伝2のような投げやりゲームではなく、完結編という事でわりとしっかり作った記憶がある。
シナリオ展開や盛り上げ方は、きらら好みになっているので今やってもわくわく出来た。

ゲイツの作った収容所からこのゲームは操作可能になる。
trytrhrt.jpg

脱出する為にきららは計画を練る。
retereh.jpg

きららが嘘泣きでしくしくしているとご飯係がキチガイと言えども所詮女か、と油断しながら近づいてくる。
erterb.jpg

相手の優しい気持ちを利用するゲスな作戦により油断した相手の懐に飛び入り戦闘へ
erter.jpg

今回、じつにオーソドックスなドラクエタイプになっている。
エンカウントがあったり、レベルによって新しい召喚を覚えたりと、きららが唯一作った
ごくごく普通のRPGかもしれない。

最初から使える召喚をぶっぱなす。東京赤ずきんにはまっていたらしい。
retertee.jpg

今回は通常攻撃にも意味を持たせるため
召喚も強力すぎず、バンバン撃てない様なバランスになっているため
回復アイテムが結構重要であり、お値段も高め。

とりあえず撃破
retertw.jpg

今回のステータス項目
ertertert.jpg

ちゃんとそれっぽい仕様
wrwerww.jpg

ゲイツ収容所には様々なゲーム関係者が捕らえられていた。
wrwg.jpg

他には他界してしまった飯野も捕らえられていた。いいクリエイターだったのに・・・

収容所中を進んでいくと明らかにボスが居る。
reterteeg.jpg

割かし強いので少しレベルを上げ、みくらちゃんを覚えておかないと厳しい。

準備が出来たところで突貫、驚く箱信者達にキャシャーンっぽく
名乗りをあげる。
werwerwfg.jpg

しかし不適に笑う収容所のボス、ここに居るのも地獄、出るのも地獄と
fewrwerw.jpg

うるしぇーーー!!でるんじゃ!と周りの箱信者を蹴散らし、ボス戦へ
ewrwegw.jpg
werwwgg.jpg

新しく覚えたみくら発動「動くと晩御飯にありつけないよ!」ときめ台詞をちゃんと喋る
weffwefw.jpg

そういえばきららゲーで一番最初にボイス付いてるゲームだな。
きららの声はツク2000付属のゆかりんボイスなのは言うまでもない。

撃破
ewrwerwe.jpg

やっとこさフィールド画面へ
wrwer.jpg

近くの町へ
eewrwerw.jpg

お決まりの連打
tyjytjtjty.jpg

この町の情報はなかなか濃い
ewrwerwgw.jpg

町の住人の一人が子供が行方不明で困っているという話をきき
怪しい所を探索すると誘拐犯が居るという小イベントがある。
fwefwefwf.jpg


werwerw.jpg
肉棒探検隊はちょっと面白いな。変態系の敵のテキストセンスは後のきららゲー淫魔に繋がっている。

児ポルダーXはクリアに関係ないが、経験値とお金が序盤にしてはおいしいので撃破。
tytyryr.jpg

イベントクリア後、町の北には完全に浮いている下手なドットキャラが立っている。
fwefwfwer.jpg

当時、激はまりしていた小麦ちゃんイベントである。
rwerwer.jpg

rwerwerwtt.jpg

rewrwerr.jpg

小麦関連、結構気合いれて作ってるな・・・
まあともあれ、マジカルメイドがゲイツの手先としてウィルスをばら撒き
信者化させるという活動をしている所を小麦ちゃんが止めに入っているという場面である。

イベントバトル
rwerwt.jpg

ここではきららではなく、小麦として操作開始
rwerwtww.jpg

数ターンするときららが登場する
twtwer.jpg

ダイターン3っぽく登場
twtwetr.jpg

版権キャラ使って自分最高ゲーにする若さ、今のきららにはないねぇ。赤面レベル。
jhjghjgj.jpg

ともあれきらら伝初の仲間が居る状態のバトルへ
hrthrthrh.jpg

もっとも二次元キャラの小麦がなぜ普通に居るのかってのは
後のきらら伝最終回への布石だったが、その話はまた後日

わりと強いが撃破。
rwerwerweg.jpg

きららは小麦がゲイツと戦っている事に驚くが
小麦はゲイツの行動とそれに加担するマジカルメイドに怒っていたのだ。
erwerwrwr.jpg

しかし牢屋に一週間居たきららは地上の出来事を知らない
rwerwerwr.jpg

きららが捕まっている間
ゲイツは瞬く間に日本のゲーム業界を支配してき
自分に従わないゲームメーカーをどんどんと潰し、勢力を拡大しているという。

ゲイツの手から逃れた日本のゲームメーカー達は秘密結成し、隠れているという。
terterehh.jpg

小麦が仲間になり、反ゲイツ組織の元へ行くことに。
rwerwrwer.jpg

反ゲイツの元に向かう途中の橋ではくだらない話が繰り広げられる。

小麦ちゃんのDVDをあぶく銭で買った事を誇らしげに言うパチンカスきらら
ewrwrwerw.jpg

よっぽど好きだったのか、小麦の表情はきららと同じくらい作ってあって結構にぎやかである
tyryrtyry.jpg

橋を進んでいくと突如ゲイツの資格が現れる
rewrwerwtw.jpg

きららを反ゲイツ組織に合わせまいと超強力兵器をきららにぶつける。
tertertete.jpg

この時点で召喚にナナが居ないとそうとうつらい。
tretetey.jpg

無事撃破し、進むとあからさまな洞窟があるので入る。
fwefwerwerw.jpg

反ゲイツ組織へ
ytutyutyititit.jpg


後編へ続く。


前編のまとめ
要所要所、苦笑する場面があるものの
王道的なストーリー展開はやはり嫌いじゃない。

ただ好きなものを好きなように詰めすぎてる部分もあるから
ある意味ゴテゴテしすぎて、自分だけが楽しいゲームになってる部分がネック。
あとはレベル上げを確実にしないといけない場面等々、制約がきつすぎる部分もある。

連打は馬鹿らしいがやってしまう妙な可笑しさはあると思う。
お金のツボの発想自体は、結構天才的と思うわ。バランスブレイカーだけどね。
こういう、自分の意思で連打する要素って意味でね。やらなくてもいいんだもん。別に。

そういうなんかシステム面の導きとして一つの答えだと思うわ、お金のツボって。たぶん。適当。


  1. 2013/03/06(水) 17:33:13|
  2. きらら伝3 前編
次のページ

きらら伝2

当時、きらら伝発表後妙にウケたことに手ごたえを感じたきららは
早速2作目に取り掛かった。

ニューゲームの枠でタイトル画面が見えないというばかげた事も当時は何も気付かず続行。
fweewfwefw.jpg

オープニングらしきものが始めて作られる。
ewfwefwefefw.jpg

見てわかるとおり、マザーの影響が大きい。
「きらら」と書いたつもりが「ききら」になっているあたり、完全に頭のネジが外れていたようだ。
自分の名前すらかけない末期症状である。


正式な名称はこうなっているな
ergergergeg.jpg

物語としてはきらら伝の後のお話である。
iugigiugiug.jpg

FF皇帝を倒したきららだが、現状のゲーム業界の癌は「ソニー」なのでは?と疑問にもつ。
自らの手で本当の面白いゲームを世の中に伝えよう、という物語である。
regregergre.jpg

始めに断っておくと、きらら伝2はもっとも駄作であると思っている。
前作がウケた煽りで作られたもので、皮肉にも鳴り物入りで作られた人気作の続編ゲームと
同じような位置である。何もかも、薄い。

話を戻して本編へ。

最強のゲームを作るには
グラフィッカー・プログラマー・プロデューサーが必要と判断したきららは
著名な人物の引き抜きを慣行する。
ergregerger.jpg


フィールドマップはエンカウント無しの日本地図になっている。
現代物というか、ある種のリアルとファンタジーの隙間が好きなきららの作りが良くわかる。
きらりんぐソフトウェアの位置がおおよそ世田谷だったりね。
trhrthrty.jpg

距離的には近くに設置されているアキバソフマップ。
色々な情報やアイテムが買える。
thrrthrh.jpg

今回は前回の反省からか、無駄なレベル上げがなく、ゲームを買ってプレイすると
経験値があがるという仕組みになっていた。
rregergeerg.jpg

まずは近くのセガへ
ewfewfwefwe.jpg

どうやらセガサミーになったあたりらしい。そんな昔だったのか・・・
ergertrege.jpg

一時期話題になったパソナルームも完備。
きらら伝は時事ネタが多く、結構きつい。まあ、それ故に再公開はしないのだが。
trhrtrtyrt.jpg

鈴木に声をかけるも、鈴木は世迷言ばかりを吐き出す。
rgergeger.jpg

セガの駄目なとことかをツラツラと語り、きららについてこい!と誘いかけるきらら
thtrhtryrty.jpg
きららの熱い言葉に鈴木は感動し、共に戦うことを決めたのだった。


現実にはありえない場面である。
regerterter.jpg

その後は北海道に向かう
regretertete.jpg

はい、ここテストに出ますよ。
「無駄にぐねぐねしてる通路」
なぜ、初心者はこういうミスを犯すのか、学会で議論されるレベルである。
ewrewrwerwer.jpg

広井はサクラ以降、ヒット作に恵まれずふてくされていた。
erewrwerwer.jpg

実際当時の広井は微妙ゲーの連発だった。

世迷言を言う広井にド素人のきららが一喝するという失笑されるようなゲームだなしかし・・・
retertertet.jpg

画像にあるネタは「北へ」というギャルゲで
ヒロインが主人公に問いかけてくるが
似合わないというと「え・・・どうして・・・」みたいに悲しい対応をされるわけだ。

ところが突然主人公が
「その服に書いてる文字はアーパー女って意味でね、君には似合わないよ」と言い出し
ヒロインが「へーそうなんだー、そんな服きて一緒に出かけなくてよかったよ!」みたいな展開になる
キワモノギャルゲーである。上記にあるとおりこの選択肢がトゥルーへの鍵であったという。


閑話休題


ともあれ、きららの熱意に打たれ仲間に
rwewefwef.jpg
ewwerwerwer.jpg

三人目は千葉のビックサイト
ewrwefewfwefew.jpg

コミケ会場では色々な話が聞ける。
どうやらこの時、きららはmezzoにはまったらしい。
ewrwefwer.jpg

スペースで長蛇の列を作るぽよよんろっくを勧誘するため並ぶ
fwewerwerwerwe.jpg

本当にウェイトで待たされる謎の仕様。たけしの挑戦状じゃねーか。
thrhrhrthrth.jpg

確実にきららより凄い人達がきららを尊敬し集まってくる。
「そんな願望があるの?」と問いかけたくなる悲しいゲームである。
reergergergrg.jpg

人材が揃い、いざゲーム開発
jkhkhkbkjb.jpg

んな馬鹿な・・・
wefwefwefwef.jpg

ここで「きらら伝1」ってのは「きらら伝2」で生まれた事がわかる。
ほらほら、匂ってくるでしょ、きらら伝におけるきららの設定厨っぷりが。
werwerwefg.jpg

今回はお金のツボじゃなく経験値のマシンであった
ewrwerwerwe.jpg
これはコミケで同人プログラムを買い、鈴木に渡すと開発してくれるという。

少し連打でレベルを上げておく。肩書きは社長になっていた。
ewrwefwfwf.jpg

装備なんかはこういう仕様になっている。
ewfewfwefwef.jpg

大阪あたりに向かうとなぜかファミ通というかエンターブレインがある。
wefwefwrrw.jpg

所謂回復素材とかが手に入る。
feewrwerw.jpg


きららに敗北した後、九州に移転したスクウェア本社へ。
egergergerg.jpg

信者の暴走の為、スクウェア自体はきららに悪感情を持っていないため、友好的。
efwrewrwrw.jpg

きららはなんだかんだとスクウェアの技術を認め、協力を申請するも
力を見せて欲しい(面白いゲームを見せて欲しい)と要請。
きらら伝を差し出すと

大感動する。一応大企業の、スクウェアが、きらら伝に、大感動。もはや意味の解らない展開に。
reteterg.jpg

さらに衝撃的な情報を教えられきららは真の黒幕こそソニーだったと確信する。
wefrwrwerwef.jpg

スクウェアはきららに協力を惜しまず、飛行艇までプレゼント。
ewrewfewrew.jpg

国外に身を隠しているソニー本拠地はこれでないとたどり着けない
werwefwewg.jpg

いざ決戦の地へ
retreterg.jpg

なんとゲーム開始から数十分、ここから初めて戦闘シーンがあるという。
ながーい前フリというより、ADVに近い形態のゲームである。
ewrewfwefw.jpg

前フリの後に戦闘ってのはみつきに引き継がれた要素であるのは言うまでもない。


雑魚も1画面まるまる使って一体だけのみつき仕様。ほら、彼、どことなく似てるでしょ。裸男に。
werwewfwf.jpg

雑魚もエンカウントではなく、部屋に入ろうとすると声をかけられたりするので
無限に出現しないのである。

二階へ
gertergege.jpg

捕まった任天堂の人たちを助けると、ナースがお礼に何度も回復してくれるようになる。
ytjtyjytutyu.jpg

前回の反省から、ちゃんと回復地点を用意しているのである。
進化するゲーム、それがきららゲー

なお、ソニー内部では
サイトのロゴをかってにいじったり、オフィシャルサイトのURLをきららのページにするなどの行為を
することによって、最強の装備が手に入る。
fghfgnfgnfgn.jpg


準備万端でいざ最上階へ


最上階にはソニーを牛耳る、ソニー皇帝が居る。
trhrthrthrth.jpg

ソニーはゲーム業界などの未来など考えず、収益だけを見据え、焼き畑にならろうとしったこっちゃないという
態度でゲーム業界に参戦してきたのだ。
trbrbrbtr.jpg

PSXという懐かしい単語を出しつつ批判するきらら。
でもPSPは結構売れたよね。vita死んでるみたいだけど。
ytyntytyj.jpg


お互いの口撃ではらちが明かず、いよいよ実力行使の決戦へ。


ソニー皇帝とは、ソニーを愛するが故に生まれる怨念にも似た感情の塊であった。
怨念の数だけ、ソニー皇帝が居る。いわばソニー皇帝は二次元召喚によって生まれた物だった。
rthrthrty.jpg

逆に今回のきららは召喚が唯一なく、謎のへたくそな絵でダメージを与える写真ゲー。
こっちが「ん?」と言いたいわ
trhthrhrtyrty.jpg

しかもソニー皇帝、べらぼうに固い。
rewrwerwefw.jpg

ふう・・・硬いだけの敵ってつまらんよな・・・忘れないでおこう・・・
efwefwefwef.jpg

ソニー皇帝を倒し、賢者タイムの如くゲームを語りだすきらら。
bdbdfbdfb.jpg

ぐだぐだと語り
regergergergg.jpg

決意を新たにし、きららは前に進みだす。


vfdverberb.jpg

egrgergergeg.jpg

eberberter.jpg

2004年なのは当然だな、これ確か1週間とかで作ったような気がする。
きらら伝1の完成後ね。時間かけてたらもっと恐ろしいクソゲーになってたと思うと身震いするわ。




そして・・・
wefwewefwr.jpg
ewfwefwefwr.jpg


謎のカタコト外人が最後に意味深な事を言って終わる。


まとめ
最高にカスゲー
手抜き感ばりばり

続編ばっかの業界を批判して
自分も続編を作り、さらに終わり方が続編を臭わすという矛盾。
シナリオもイマイチ。

ここらから自分語りゲーの要素が強くなりすぎて
きららに共感できないとハードルが一気に上がる選民思想ゲーになってるのがきついな。
正直スクショ映えする場面も少なく、このゲームを記事にして残すのは苦労した。

次回きらら伝3

  1. 2013/03/05(火) 13:19:49|
  2. きらら伝2
次のページ

きらら伝1

---------------前置き----------------------
前のブログでもやったことなんだが
再度コメンタリー的な感じできらら伝を振り返る。

新作出した時や、今dlから来た人が楽しめるようなコンテツになるようにと。
こいつこんなクソゲーつくってんかよと。
あとは歴史として一つ。見やすいように作品別にカテゴライズするのが目的。

これで更新ねたを稼いで裏で新作の素材とかを溜め込む目的もあり

めぐる伝でひとまずの「伝シリーズ」がまとまっている為
記念に残しておこうと思う。めぐるまでにおけるきららのゲームの作り方が
凝縮されているので。
-------------------------------------------

タイトル画面から既にクソゲー臭がやばい
fewefewefwefew.jpg

実質9年前の作品ですな。2004年製
22歳だぜ?きららもうすぐ31になるぞ・・・
rgergegergre.jpg

ツクール2000を買って初めての作品だな。
なぜこれを作ったのか、もはや誰にもわからぬ。

なんだよお姫様って、意味わからねーし。
yjytjytjtyjyt.jpg

当時はまだごくごく普通のRPGテイストがあるな。
レベルがあって、経験値があってと。まあ、最初はそういうのしか作れないしなどうしても。
習作といえば習作だ。

eththrhtrh.jpg
ストーリーはFFが日本を乗っ取り、法律や物事の基準が全てFFによって定められるという
今みると完全に意味不明なゲハ脳的ゲームである。

それに対してマール王国が好きなきららがFFなんかよりいいゲームがある!と
立ち上がるという展開
jyukyukyk.jpg

グラフィック批判しつつ、きららゲーはグラフィックというか
カットインとかそういうのを重視して作ってるのが皮肉というね。
当時のきららがそれに気付いてたのかどうかはわからないが。

反FF思想を持っているきららは既にブラックリスト入りさせられていて
直後に使者がきららに襲いかかってくる
regrgergerg.jpg

再プレイしてて思ったんだが、今のきららには絶対に作り出せない
妙な勢いがあるんだよなぁこのゲーム。クソゲーには違いないんだが。

襲い掛かるアンパンマン
uykukykuy.jpg

さて最初にはっしょたがこのゲームには「二次元召喚」という能力がゲームにおけるキーワードになっている。
主人公星屑きららは二次元召喚を行える数少ない人物の一人。
二次元召喚っつーのは、早い話自分の好きな作品のキャラとかを呼び出して戦うペルソナのようなものである。

「特殊な能力を持った主人公」というのはこの時からの伝統だな。みつきみればわかるように。

ゲームとしては至って平凡。召喚ぶっぱなしてるだけである。
相手を自分の好きなゲームで感動させて説き伏せる、という戦いのコンセプトであった
jtyytjtyjtyj.jpg

倒した後は顔グラが違うというこの懲りよう。まったく持って無駄である。
ytjytjtyjytjyt.jpg

かくしてきららは妥当FFをかざし、FF城へと向かうのであった。
jtyjytjtyjyt.jpg


当時から、いわゆるドラクエ的なフィールド移動ってのが既にないのがわかるわな。
エンカウントによる雑魚戦もない。当時はどういう意図で排除してたのかはわからないが
恐らく素人が作る通常型RPGってのがストレスの宝庫になることを悟っていたのかもしれない。
いやしらんけどさ。

メインはこのFF城前にキャンプ地とFF城だけである。
いきなりFF城にもいけるあたりは、めぐるに近い思想である。

もっともこのゲームは多少レベル上げの作業をしないといけないのだが。

伝説が生まれた瞬間である。
jgyjyjtjtj.jpg

後にお金の壷となる要素は最初はおばあさんだったんだなぁと思い出したわ。
話しかける度に100円くれるのである。
お金稼ぎがめんどくさい人に向けてという感じだろうな。
後はクリアしてほしいという気持ちから確実にクリアできるようにと、設置した記憶がある。

バランスでクリアさせろ、と今なら思うが。
救済措置があるという点に関しては、今でも間違っていないと思う。

通常は町の地下にある闘技場で作業プレイ
trhrthrhtrh.jpg

gregergerg.jpg
ytjytjtyjtyj.jpg
ththrthrt.jpg
歴代のセガマシンと戦ってひたすらレベルとお金稼ぎ

完全にクソゲーである。
しかも回復する宿がこの場所になく、いちいち外にでて宿屋にいってという
とんでもねー設計ミスを犯している。
今のきららなら考えられないクソさである。まじ、ありえねーわこの設計。作った奴頭おかしいぞ。

最強の召喚であるローゼンモビー砲を延々とぶっぱする戦闘バランスには閉口
juykykyuk.jpg

きらら伝とは、ローゼンモビー砲をぶっぱなしてMP回復のマヨネーズを食べまくるという
叩き割りたくなるクソみたいなゲームである。
再プレイしてて確信したわ。

ともあれこのゲームは等身大クルルを装備することを前提にしたバランス取りがされていて
これを手に入れるのが目下の目標になる。
ytjtyjtyjty.jpg

他にも無駄なアイテムを使った小イベントがちりばっているが、寒いので割愛しよう。
yjyjtjytjt.jpg

30分ほど作業プレイを繰り返し、恐らくこのゲーム最強の装備へ。
武器がない?いらないよ、ローゼンモビー砲ゲーだから。通常攻撃とか意味なさすぎる。
hnhmmg.jpg

コレくらいの能力にしておけば問題なし。
regergergeg.jpg

いざFF城へ
ergregergreg.jpg

FF城ではしょうもないイベントが多く、完全に蛇足感があるが
若き日のきららにはそれがわからなかった。
regergerg.jpg

ともあれFF城には3人の幹部がいるのでそれを倒していかなければいけない。
tyhjtyyjtjyt.jpg

最初の幹部の登場である
yjjtyjtjj.jpg

出てくる作品を見ていくと、当時きららが何にはまっていたのかがよーくわかる仕組みになっている。
赤面レベルの内容であるな。

ローゼンモビー砲でカイジを倒す。ただひたすらローゼンモビー砲
面白くもない戦闘が繰り広げられる。
hyhrtyj.jpg

先に進むと

もう勘弁して・・・
regergreg.jpg

さらに進む
hmghmghmghm.jpg

このドクロは正しい道順を示してくれている。
そういうアイテムを持っていないとどくろは表示されず、ご想像できる通り
間違った道は入り口に戻される。カスゲーすぎるだろ。

んで進むと第二の幹部
ukyukyuuuyk.jpg

ひたすらローゼンモビー砲

tyjyjtyj.jpg

ああそうなんですか、としか言いようがない展開。

ノーマッドを倒した辺りから物語が急変する。
jytjtyjtjytj.jpg
thtrhrthrth.jpg

この最初の流れと一変して物語が核心に動き出すやり方は
恐らくきららのシナリオ作りの癖とも言えるんだろうな。基本的にこういう流れである。

みつきも三人娘もめぐるも。
プレイした人にはわかると思うけど。かならず転機する場面がくる。
新作もそういう部分があるかもしれん。
でもたぶん好きなんだろうな、こういうつくりが。実は・・・!とか

まあ話をもどして、その先に進む
uykuykyukuyk.jpg

洗脳椅子の発見により、一般の人が無理やり信者にさせられていた事実が発覚する。
淫魔のオーラですな。裸男ですよ。
みつき伝~めぐる伝はこういった過去の遺産を今のきららが作り変えた部分って結構ある。
そういう意味じゃきらら伝のリメイク版といっても過言じゃないし
だからこそ「○○伝」とつけたわけだ。

そんなこんなで最後の幹部
trhtrhrthrth.jpg

実質最後のボスだわな。無駄に強い、がローゼンモビー砲。

そして決戦へ
reberberberb.jpg
上の誤字にお気づきだろうか、9年越しに発見してしまった。

oh・・・特に語ることがないというか、語れない恥ずかしさだ・・・
ytyrthrhtrh.jpg


ラスボスは前代未聞、倒せない。というね。
rthrthrhrth.jpg

防御しつづければかってにターン毎に、会話が進んでいくのである。
おやおや?この戦い方、どっかでありましたよねぇ?
きららゲーで!
yjtytmtym.jpg

もっともきらら伝1の場合はマザー2のラスボスに近い形であるというか
あれすきだったのできらら風にしたのがこれだった。


edへ
ytjtyjtyjjtytjty.jpg

何言ってんだ?
yjtyjtyjtyyt.jpg


まとめ
クソゲーすぎる。
システム面がカスすぎ。
お話はきららっぽさがある、今に通じる基礎があるね。

次回はきらら伝2
  1. 2013/03/04(月) 14:42:47|
  2. きらら伝1
次のページ

今週末は

ママが彼氏のところに行かないという予期せぬ事態がおきて
ろくに製作できんかったわー

きららどうしても一人じゃないと集中できない人だから
エロ絵かいてても何描いてるの?とか覗き込まれるし・・・
いや別にエロゲ作ってるの知ってるし、見られてもいいんだが

日常の生活音で結構作業中はイライラするんよね、きらら。
掃除機の音とかもうブチギレしちゃう。

逆に平日はきららが仕事帰ってきてからはしばらく一人タイムだから、ここがチャンスなんだわな。

じゃあ一人暮らしすればいいじゃんって話なんだけどな。
でも世田谷で一人暮らしとかちょっと敷居たけーわ
無駄に高いし。

まあ、そんなこんなで今日はブログも製作もお休み。

今日は仕事に行く前の朝7時に高設定確定の猛獣王に運よく座れたので放置。
結果15000枚でたのでお金がウハウハになる。

実機でもないのに熱くなるのには理由があって。
これ、確かに無料でプレイできるんだけど。初回は3000円分とかなんよ
んで、なくなれば日に1000円分。

でだ、遊ぶお金がなくなったら「買うことができる」わけよ。
ゲーム内での1000円が実際のお金で50円

きららが今30万くらい持ってるわけだが
この世界での資産価値としては「15000円」分なわけよ。
15000円払わないと得られない資産を完全無料で転がして遊べているというこの感覚が
結構良いわ。

まあ、のんびりブラックラグーンでも打つか
yhyhhthtyht.jpg


  1. 2013/03/03(日) 20:28:13|
  2. 製作以外の話
次のページ

おさらい

精子を作るに至って、より良いゲームにもなるよう
めぐるを再プレイ。

自分で言うなよと思われるの承知でいうけど
やっぱし3作目だけあって、完成度そのものは高いな。
逆に今だからこそ見える「ダメな部分」ってのもやっぱし目につく。

ストーリーやエロやら絵やらはとりあえず置いといて
プレイアビリティに絞ってみると
実績がちょっとよろしくないな。
救済が弱い。

例えばアイテムコンプ実績は、きららが最初から通しプレイしたら
Cランクの横取り40万が最後に残ったわ。

で、コンプするために探すわけだ。
トレーニングはCランクのアイテムしかでないが、Cランクは全部で50種類のアイテム。
アイテム発見で 1/50
発見しやすい設定にしてるとは言え、1/50だけを求めると
とたんにだれる。
見つけたときは、よっしゃ!じゃなく「やっとか」なんだよな。

おまけ要素を解除するに至っての作業だから、メイン以外の要素だから、と言い切ることは出来るが
めぐるエロみたいにクリア後はお金で解除も出来る、というのはあっても良かったかもしれんなぁ
アイテムと淫魔辞典埋めは

でもそこまですると辞典の意味もねーしという問題もある。
だが大半のエロゲプレイヤーはプレイした場合、ちょっとやって
なんだこの図鑑うめにくいな、もういいや。クリアしたしとなってしまうのも想像に難しくない。

精子も一応辞典と実績の要素は引き継いで作るつもりなんだが
うまいさじ加減にしないとだめだな。
普通にプレイしてると大方いけるくらいがいいんだが

クリア後に解除可能とわかれば、通常プレイ時は総スルーでいいじゃんってなっちまうし。
まあ、精子は今のところマルチエンド仕様なのでED関係やゲームの仕様的にも
セックスした人数や殺した人数など、プレイしていれば確実に解消されるものを実績にしよう。

でもEDに実績を絡めると複数回プレイを強制することになり・・・と

うーん、難しい問題だ。
何回かやっても苦痛じゃないバランスって事で考えたほうがいいかなぁ今回のゲームに関しては。
そう考えると、風来のシレンって良く出来たバランス(ゲーム)だよなぁ。ああ、初代ね。
  1. 2013/03/02(土) 20:14:07|
  2. 製作以外の話

Live Video streaming by Ustream 次のページ